大学生キャリア

2021.02.26

【検証】すっぴんとメイクでオンライン就活の印象はどう変わるのか!?

【検証】すっぴんとメイクでオンライン就活の印象はどう変わるのか!?
みなさんこんにちは!
関西学院大学3年生のライター永岡です!

就活をしていく中で、メイクってどこまでするのが正解なのだろうと思ったことはありませんか?

今回は、メイク有りと無しで印象がどう変わるのか比較してみたのでぜひ参考にしてみてください!

 

検証あり! オンラインと対面の見え方の違い

就活では濃いメイクはNG! 意識すべきなのは「清潔感」とよく耳にしますが、オンラインでの説明会や面接でも、対面と同じメイクでいいのでしょうか?清潔感はオンラインでも大事ですが、メイクや表情が対面よりは伝わりにくいので普段よりも濃くしたほうがいいのかなとも思います。でも、そうなると透き通った清潔感は多少なくなってしまう。。。

「清潔感かメイクの濃さのどちらを重視すべきなのか」

この問いは、オンラインを通して、メイクはどこまで伝わるのかが分かれば解決すると考えました!実際にメイクをしてみて、オンラインを通す前後でどう変わるのか、ビフォーアフターで比べてみました!

協力してくれたのは、大阪大学2年生のシマタニくん!

 

【メイク前】

全くメイクせずにリモートで繋いだ様子がこちら!

笑っていても、表情が暗く見えますね。やはり、画面を通すと表情が伝わりにくく、その人が持っている明るさや元気さなどの良い雰囲気があまり感じられません。しかし、メイクをすると多少はカバーされるのか、またしてもしなくても変わらないのか、早速実際にメイクをしていきましょう!

 

【メイク後】

顔の基盤となる下地は清潔感を意識して厚塗りはせず、色味を使うアイシャドウやチークは清潔感を崩さない程度の濃さを意識してみました!

 

メイクをしていない時と比べたのが、コチラです!

 

 

やはりメイクをすると顔に明るさが出て元気さが伝わりますね!メイクをすると、自然と気分も上がって表情が明るくなるというのも、理由としてあげられると思います!

ここからが本題です!このビフォーアフターで出た表情の変化が、オンラインで画面を通しても伝わるのでしょうか!早速みていきましょう!

 

コチラがメイクをしてリモートで繋いだ様子!

んん??変化しましたか、、、??結果は、、、

メイクする前とほぼ変わらないですね。

 

 

比較してみると、チークの色味がほんのり分かるくらいで、画面上ではほとんど変化しませんでした!やはりオンラインでは伝わりにくく、メイクによる変化はある程度しか伝わらないという結果に至りました!

 

まとめ

検証してみてわかったことは、就職活動でオンラインを使う時は清潔感も大事ですがメイクの濃さもある程度は大切。しかし、メイクをどんなに濃くしても画面を通すと変化には限界がある。

つまり、メイクを意識して「オンライン映え」するというのは難しいかもしれません。例えば、明るさや背景の色など他の面を気にすると肌の色も健康的に綺麗に見え「オンライン映え」に近づくかもしれないです!昨年就職活動でオンライン選考を経験した私の先輩は、メイクは対面時と全く変えずに、見栄えよく写る場所はどこかを部屋の中で探していたそうです!

本番前に、友人などとオンラインを繋いでみて、自分がどう見えているのか確認するのもいいかもしれないですね!

自分が1番輝いて見えるメイクや写り方を研究し、「オンライン映え」して内定をゲットしましょう!!

 

ライター永岡が登場する記事はコチラ→

こちらの記事も読まれています。

【社会人インタビュー】私が営業職からエンジニアへの転職を決めた話。

ガチガチに凝り固まったキャリア観をインドが変えてくれた話

幾度の困難を乗り越えた女性が掴み取った栄光

初めてのエントリーシートをキャリアアドバイザーに添削してもらった!