TOP>第0新卒>第0新卒マガジン>振り返れば大きな成長をしていた ~メンヘラの私が頑張る理由~

社内広報

2021/12/29

振り返れば大きな成長をしていた ~メンヘラの私が頑張る理由~

こんにちは!長期インターン『第0新卒』を運営するスタイルガーデン広報室です!

突然ですが、皆さんはつらい時や上手くいかない時、こんな風に考えてしまうことはありませんか?

「成長できているか分からない」

「成長している実感が無い」

つらい時だからこそネガティブに陥ってしまうことも多いはずです。ですが、費やした時間は無駄だったのでしょうか?何も得られなかったのでしょうか?決してそのようなことはありません!費やした時間の価値は、過去を振り返った時にこそ見つかります!!

そこで今回は、1年間を振り返って大きな成長を実感できた『手を挙げるBP』中村真衣さんにインタビューをしてきました!

※スタイルガーデンでは、1人ひとりに自分の強みを冠した名前が付いています。
※BP(Basic Program)…第0新卒における研修生卒業後のステージ。主に営業力の向上を目指し、社会人としての自覚と責任を持って仕事を行っている。

 


中村 真衣(なかむら まい)/関西学院大学3年生

 

成長できる環境を手に入れるまで

ー中村さんがスタイルガーデンに入社した経緯を教えてください!

中村:入社のきっかけは、新型コロナウイルスの影響で本来予定していた課外活動が制限されたからです。2年生の夏にインターン付きの留学に行くつもりでしたが、中止になってしまいました。そこで、留学には行けないけれどインターンなら日本でもできると思いました。

コンプレックスや大きな夢が特別あったわけではないけど、将来大きなビルのオフィスでハイヒールを履いて出勤してお金を稼ぎたいなーと、漠然とした憧れを持っていたので(笑)その憧れに近づくために参加することを決めました!

ー数ある長期インターンの中でもスタイルガーデンを選んだのはなぜですか?

中村:長期インターンを探していた時にスタイルガーデンは単なる労働力としての雇用ではなく、教育を目的としているインターンだと知ったからです。実際に参加している人に話を聞いてみると “就職のために頑張るのではなく、将来のために頑張る” ことの大切さに気が付きました。

将来のビジョンを叶えるためにも、この環境しかないと感じ、スタイルガーデンを選びました!

 

 

自分の成長を振り返って

―過去の記事で自身をメンヘラだと言っていましたが、そんな中村さんが今もインターンを続けられているのはなぜですか?

中村:正直、やめたいと思った時期もありました。入社当初は特に上手くいかないことや苦手意識を感じる機会が多く、挫折したこともあります。当時はスタイルガーデンでお世話になった人たちに申し訳無いと感じ、何とか続けることができていましたが、メンヘラ属性を持っている私は1度落ち込むと、とことん落ち込みまくるので、余計に辛く感じてしまうことがありましたね。

ですが、最近は上手くいくことが増えて「去年の自分とは全然違うな」「成長しているな」と感じるようになりました!これまでの自分を振り返った時に、自分の成長を実感するのが面白いです!

また、スタイルガーデンの先輩たちを見ていても、みんなキラキラしていて、すごい憧れを持っていました!私もいつかは先輩たちのようになりたいから、今はこの環境で、もっと成長をしたいと思えています!

過去の中村さんの記事はこちら

 

―先ほど「上手くいくことが増えた」と仰っていましたがどのような点で成長を感じましたか?

中村:『手を挙げる』という私自身の名称にもつながりますが、物事に対して積極的になったと感じます!手を挙げるというのは「会議などで1番に発言ができる」という意味を込めています!頭の中ではいろんなことを考えているタイプなのですが、外へ向けての発信はしていませんでした。それを担当マネージャーから「そのままだと、いつまでたっても変わらないよ」と指摘されたことがきっかけでした。

頭の中で考えていたとしても発信しなかったら、他の人から見たときに「この人は考えていないな」と思われてしまう。行動しなかった理由は、自分に自信が無かったからなのですが、やってみたら意外と上手くいくことが分かり、小さなことでも達成することで新しい気付きを得ることができました!

今は小さな成功を積み重ねることで自己肯定感を伸ばし、メンヘラに陥りにくくなっています!「このままじゃだめだ」と考えることができたからこそ変われました!

今後の目標

―これからの目標について教えてください!

中村:目標は2つあります。

1つ目は、卒業式まで続けることです。前年度の卒業式で、憧れの先輩たちが涙を流しながら卒業された姿を見て、私も同じ舞台に立ちたいと思いました!

2つ目は、企画部での活動です。企画部の先輩が残り数カ月で卒業されるため、来年度は裁量権が増え、今後は私を中心に活動をしていくことになりました。このようなチャンスを貰えたのは『手を挙げる』強みが体現されたからだと思っています。

貴重なチャンスをいただけたので時間と労力をかけて、私が卒業をするまでに多くのものをカタチに残したいと思います!

 

インタビューを終えて

長期インターンでの経験はすべてが輝かしいものではありません。一握りの成功体験を手に入れるまでに、多くの時間を費やすこともあります。

ですが、費やした時間は無駄でしょうか?いえ、絶対に無駄ではありません。日々活動しているとなかなか気づきにくいものです “振り返ったとき” に本当の価値に気づけるかもしれませんね!

 

 

タグ一覧

他の記事を読む

社内広報

2020/10/27

前代未聞の低評価から這い上がった男の物語

みなさんこんにちは! 長期インターン『第0新卒』を運営 […]

社内広報

2020/07/27

【長期インターン】第0新卒のレジェンドトレーナー

Tweet   みなさんこんにちは。 長期イ […]

社内広報

2020/06/29

マネージャーを経験できて本当に良かった

Tweet   みなさんこんにちは。 長期イ […]

社内広報

2021/03/16

【第0新卒 7期生】卒業文集

2月末をもちまして、今まで『第0新卒』を引っ張ってきて […]

社外向け情報

2020/12/23

【23卒の学生必見】長期インターンで身に付くスキルって何?その疑問に答えます!

「自分にもっと自信をつけたくて長期インターンを探してい […]

社外向け情報

2020/04/08

ゲーム仲間に暴言を吐いていた引きこもりが、チーム員からのありがとうで幸福度が上がった話

みなさんこんにちは。 長期インターン『第0新卒』を運営 […]

社外向け情報

2020/04/20

【長期インターン】第0新卒の輝くマネージャー

みなさんこんにちは。 長期インターン『第0新卒』に参加 […]

社内広報

2020/12/10

あなたは自分に自信がありますか? 女子大生が「根拠のある自信」を身につける

中川 千寛(なかがわ ちひろ)/ 甲南大学3年生 20 […]

応募フォーム