TOP>第0新卒>第0新卒マガジン>【順風満帆⁉】エリート王子だったはずの男

社内広報

2022/05/18

【順風満帆⁉】エリート王子だったはずの男

 

皆さんこんにちは!長期インターンシップ『第0新卒』を運営するスタイルガーデン広報室です!

今回は、大阪本社でマネージャーとして活動している小泉愛斗さんにインタビューを行いました。

『懐の深いマネージャー』の名の通り、寛大なイメージの強い小泉さんがどのような成長ストーリーを経てきたのか、是非その軌跡をご覧ください。

※スタイルガーデンでは1人ひとりに自分の強みを冠した名前が付いています。

『懐がすんげえマネージャー』

―懐の深いマネージャーの所以はなんですか?

大きく分けて2つあります。

1つ目は、私が『人の個性を否定せずに尊重できる』性格であったことです。自分にはわからない価値観、考え方を持っている人に対して興味を持つので、友達も似ている人ではなく様々な考え方を持った人が多いです。「いろんな人と広く接したい」と常に思っています。

2つ目は、人の頼みを断ることが苦手だからです。「一度断ったら頼られなくなるかも」と断った後の未来や、自分を選んで頼ってくれていることに対する意図まで勝手に想像するので、頼みを引き受ける理由が増えてしまうんです。(笑)

個人に寄り添ったマネジメント

―マネージャーとしてはどのように活かせていますか?

『人の個性を尊重できる』ため、自然と担当生の個性を俯瞰的に見ることができています!

マネージャーをしていると、どうしても「自分の思い通りに行動させたい」「理想とする営業マンに育てたい」など恣意性が入ったマネジメントに陥りがちなのですが、私は心の底から担当生の個性を尊重できるので、担当生に合わせたマネジメントを展開できていると感じます。それにより強みの発見が迅速に行えるんです。

順風満帆な第0生活からの転落

―小泉さんと言えば、入社当初からかなり順調に頭角を現していましたよね?

そうですね。周りに比べると、成長のスピードは比較的速かったと思います。当時昇格ロープレも3回目で合格できましたし、昇格月に顕在化面接も合格できたんです。

正直調子に乗っていましたね。(笑)

―すごすぎます!どうしてそんなに早く顕在化面接まで合格することができたんですか?

顕在化面接では “自己理解度” や “組織視点の有無” に着目されるのですが、研修生時代から稼働では自分だけでなく、イベント全体の成功を目的に動くことができていたんです。この『俯瞰できる力』を無意識に発揮できていたので、自覚してからは組織視点が身に付くのもかなり早かったんだと思います。

また、昔から運動に勉強、何でも得意な方でした。自分の成功体験から、強みを抽出するまでのスピードが速かったこともあると思います。

ただ、そこからが苦難の日々でした。

エリートコースのはずが

―小泉さんにも苦悩があったんですか?

正直、自分の想像以上につまずきました。辛かったですね。

実は、僕は顕在化面接に合格してから、マネージャーになるまで約半年間かかったんです。顕在化当時はこのまま順調に進んでいくと思い込んでいたからこそ、辛い期間でした。

―そうだったんですね。一体、何が原因だったんですか?

主に営業力の不足ですね。『人の個性を尊重する』性格が自分の商談スタイル確立の邪魔をしていたんです。つまり、人のいいところを真似してごちゃ混ぜにしたような、商談の中でいろんなキャラクターが出てくる一貫性のないスタイルだったんです。

当時先輩方に言われたのは『自分がない』でした。

「自分が積み上げてきたものは何だったのか」という気持ちになりましたね。

それから4か月間はずっとワーストクラスの実績で、その間に同期が自分より先に商談に入れていたり、実績を出していたり、自分にできないことができている場面を目にすることが多くなりました。皆より前に進んでいたはずなのに、なんで自分だけ実績が出ないんだろうと劣等感に苦しめられましたね。

転落からの復活

―諦めようとはならなかったんですか?

それは一切ならなかったですね。APには絶対なりたかったんです。

―どうしてですか?

BPになってから後輩にどんな点が成長したかを聞かれたのですが、その時『ビジネスマナー』としか言えない自分に気づいたからです。当時APの人たちに強い憧れを持っていたので、自分にはないものがAPでは得られるんだと思っていました。

だからこそ、そこからは社員さんに積極的にロープレをお願いし、本当の自分にあった商談スタイルを必死で模索しました。

すると、顕在化面接合格から5か月目で目指す方向が見え始めました。実践ではそれを試す、再考するの連続で、とにかく「1日に絶対1件は契約を取る」気持ちで泥臭く取り組んでいましたね。

決して簡単な道ではありませんでしたが、4月から念願のマネージャーとして活動することができています!

今苦しんでいる人に伝えたいこと

今、成長実感がない、実績が出ない人がたくさんいると思います。

そんな時は、『自分だからこそできることは何なのか』を真剣に考えてみてください。

一人で考えて見つけるのは難しいですが、一緒に見つけてもらえる環境がスタイルガーデンにはあります。そして、自分にしかできないことが見つかり、様々なことに転用できた時、成長実感にも実績にもつながるはずです。

それまで決して諦めないでください。

これから

―これからの目標を教えてください!

影響力を出していきたいです!

アワードでのイケメンランキングをガチで狙っているのですが、いまだランクインできません。常連の三宅には負けていないと思っているので、まずは認知度をアップし、必ず次回のアワードでランクインしてみせます!

タグ一覧

他の記事を読む

社内広報

2021/12/22

松岡流、メンタルを保つ秘訣とは?【※今辛い人はすぐに読んでください】

こんにちは!長期インターン『第0新卒』を運営するスタイ […]

社内広報

2018/07/19

【第0新卒】私の成長ストーリー (中田 健介)

—– プロフィール &#821 […]

社内広報

2021/09/07

【伸び悩むあなたへ】壁の乗り越え方

  長期インターン『第0新卒』を運営するスタ […]

社内広報

2020/08/17

第0新卒OB生インタビュー「スタイルガーデンで、環境を変える力を身につけた」

Tweet   みなさんこんにちは! 長期イ […]

社外向け情報

2022/01/05

【社員インタビュー第1弾】スタイルガーデンNo.2が振り返る2021年、そして見据える未来

こんにちは!関西の長期インターン『第0新卒』を運営する […]

社内広報

2020/11/26

【長期インターン】「日常を学びに変える」学生人事の考え方・行動が明らかに!?

丸山輝 / 同志社大学4年生 / 2018年11月入社 […]

社内広報

2022/06/24

【私の成長ストーリー】大阪教育大学 築地里音

大阪教育大学 築地里音 はじめまして!大阪教育大学3年 […]

社内広報

2020/03/12

「評価されへんとおもんない」大学生が見たベンチャーの評価制度

スタイルガーデンでは第0新卒プログラムに社会人と同等の […]

応募フォーム