TOP>第0新卒>第0新卒マガジン>【OBが語る!】私が第0新卒で頑張り続けられた理由

社内広報

2023/06/02

【OBが語る!】私が第0新卒で頑張り続けられた理由

皆さん、こんにちは!長期インターンシップ『第0新卒』を運営するスタイルガーデン広報室です。 

第0新卒で活動を行っている中で、大きな困難にぶつかり「辛い」や、逆に「もっと成長したい」と思ったことはありますか? 

今回は、名古屋支部の卒業生にインタビューを行いました。先輩方はどんな風に第0新卒で活動し、壁を乗り越えていたのでしょうか?ぜひ最後までご覧ください! 

『気づいたらやるE&I』 北原聖之

しんどい事が多かった中
最後まで頑張り続けられた秘訣

正直、僕は活動の大半がしんどいことでしたが、乗り越えた回数は一番多いと思っています。それは、部活と同じイメージで取り組んでいたからです。

小学4年生から高校3年生までの9年間、遊びや恋愛、バイトもせずに毎日バドミントンに明け暮れる生活を送ってきました。正直、当時も辛いことばかりで何度も辞めたいと思ってました。
しかし、大会で優勝したり、自分より格上の選手に勝った時の喜びが、辛い気持ちを超えてきました。

第0新卒での活動も同様に、平日の研修やロープレでインプットしたことを活かして実績に繋がった時が、すごく嬉しく「しんどい」「辞めたい」気持ちを打ち消してくれます。スポーツや営業も “数字” という共通点があり、そこにこだわりを持っていたからこそ、最後まで続けられたのだと思います。

そのため、辛い時は中学・高校での部活のようなイメージで取り組むと、自分を奮い立たせることができる人もいると思います。部活に入ってなかった人は、自分が昔から打ち込んでる事をイメージしたり、熱中してできる理由を考えて、第0新卒の活動に当てはめてみて下さい。 

最もしんどかった時どうやって乗り越えたか

 1番辛かった時は、人を頼って少しずつ乗り越えていきました。 

特に、名古屋支部社員の川島さんや担当TR(新人教育担当)秋山さんには、とても助けてもらいました。 

元々、人を頼ることが苦手な僕に川島さんや秋山さんは真正面から向き合い「もっと周りを頼っていい」と言って下さったことで、少しずつ人を頼ることができるようになりました。

皆さんも辛い時や、営業活動で伸び悩んだ時は、1人で考え込むのではなく、周りの人に相談してみてください。 

 

名古屋支部23年卒
『気づいたらやるE&I』 北原聖之

E&I生:(研修生)

『全てをポジティブに捉えるMG』加部 新

しんどい事が多かった中
最後まで頑張り続けられた秘訣

今、目の前にあるしんどいことから逃げてしまったら、他の環境に行ってもまた同じことを繰り返すだろうと思っていたからです。 

僕が第0新卒に入社して3.4ヶ月程経った頃、栗山さんと離職について話していました。その時「まあ、中途半端に投げ出して離職するやつは、どこ行っても同じこと繰り返すやろうなぁ」と言われました。この栗山さんの言葉が、しんどいと思った時に第0新卒を続けるモチベーションでした。

社会人になった後、海外で活躍したいと思っていた僕は「もし仮にここで逃げ出したら、自分が本当にやりたいと思っていることでさえ、逃げ出してしまうのではないか」と考えました。一度しんどいことから逃げる癖がついてしまえば、なかなか改善することはできません。 

“今苦しいかもしれないけど、これを乗り越えたら絶対将来に活かすことができるだろう” と信じてきました。それがしんどかったことが多かった中で続けることができた秘訣です。 

最もしんどかった時をどうやって乗り越えたか

第0新卒に入って1年ほど経った時が、最もしんどい時期でした。 

業務にも慣れ、営業稼働で件数を取れるようになり、何を目指していいのかわからず、第0新卒に対する目標を見失っていたからです。今思えば、ただ慢心していただけでした。営業稼働で実績を出しても「嬉しい」感情がわかない、なぜ第0新卒を続けているか不透明な中「営業稼働に入ってほしい」という要望にただ従い、気づいたらその月は13日稼働でした。当時Webライター活動をやっていたのですが、そのやる意味も上手く見い出せませんでした。 

また、就活でも行きたいと思える企業が見つからず、第0新卒内外において悪循環に陥っていました。その時、第0新卒を本気で辞めたいなとまで思った時期でした。 

この時に僕はまず、自分の抱いている気持ちを本音で話すことができる友達、担当してくださるMG(営業チームマネージャー)、栗山さんに話してみました。僕自身溜め込みやすい性格なので、一度気持ちを素直に話してみることにしたんです。
結果、自分の今置かれている状況を客観的に捉えることができました。さらに自分が本音を話した時の周りの人の反応がとても温かく、それが最もしんどい時に乗り越えられた秘訣だと思います。
 

皆さんも辛くて辞めたいなど思った時には、1人で抱え込むのではなく誰かに相談したり、第0新卒に入社した理由を改めて考え直してみてください!


名古屋支部23年卒
『全てをポジティブに捉えるMG』 加部 新

 

『七転び八起きTR』中村 真太郎

どうやって組織に影響を与えてきたか

自分にしかできないことは何か、自分の強みは何かを意識して、影響力を出していたと思います。

営業稼働でなかなか実績が伸びない時期に『営業力』を自分の言葉で言語化していました。その結果、獲得できる商談を見極めることができ、実績が安定しました。また、これはTR(新人教育担当)として平日の営業指導の中でも活かすことができ、転用できているなと感じていました。 

担当生との面談で意識していたこと 

担当生との面談で意識していたことは、2つあります。 

1つは、担当生からの見られ方を意識したことです。例えば、FBをする際に「〜だと思う」「多分」といった曖昧な表現は控えていました。特にTR業務において、担当生であるE&I生のほとんどは「働くこと」に関して右も左もわからない状態です。その土台を作っていく指針となるTRが自信なく見えると、担当生も不安に感じてしまいます。 

2つ目は、担当生の意見は否定しないことです。指導する立場になると、どうしても上から目線の発言になってしまいますが、対立しては効果的な面談ができません。そのため、担当生がどのように考えて、どうしてその結論になったのか把握することを意識しました。 

第0新卒でAPをやろうとおもった理由

元々、社会人の仕事へのモチベーションについて知りたい、触れたいという思いがあって第0新卒に入社しました。その為、最初は人事を目指していました。活動していく中で、自分が目指しているものが人事の職種ではなく、TRやMGで経験できることを知りました。その中で、TRを選んだのは、E&I生時代に担当してくださった先輩への憧れと、自分がE&I生期間を苦労したことを活かして入社してくる子たちを支えたいと考えた為です。 

名古屋支部23年卒
『七転び八起きTR』 中村 真太郎

 

進撃のTR 佐藤 秀介

組織にどうやって影響を与えてきたか

『結果』と『仕事に取り組む姿勢』の2点で、影響を与えることを意識していました。

1点目の結果に関しては、主に稼働の実績や採用チームでの活動です。やはり、実績が一番、目に見える形で影響を与えることができると思っています。結果が伴っていない限り、リスペクトはされず、恥ずかしいと自分に言い聞かせて取り組んでいました。自分自身の強みとして結果にこだわり、手段を選ばず貪欲に行動できる強みを生かして1つ1つこだわっていました。
2点目の仕事に取り組む姿勢に関しては、ヒューマンスキルの徹底を心掛けていました。結果が出ていても、基礎的なことができていなかったら影響は与えられないと思います。『当たり前のことを当たり前にやる』を意識していました。
 

ヒューマンスキル:※人間として当たり前のスキル、良好な人間関係を構築するためのスキル

担当生との面談で意識していたこと

日々の担当生との面談では、担当生の特徴を捉え、最適な方法で教育・マネジメントすることを意識していました。担当生に最も適した教育やマネジメントでパフォーマンスを最大化させ、その子の成長や組織に貢献するよう注力しました。最初は担当生の特徴を把握し、活かすのに苦労しましたが、社員さんとの打ち合わせで毎回修正を加えることにより、成功体験を積むことができました。そして、面談の中で得た学びは土日の稼働に活かすこともでき、面談と稼働が線で繋がったときはとても嬉しかったです。 

第0新卒でAPをやろうとおもった理由

APを目指した理由は、様々な職種を経験したいと思ったからです。私の第0新卒の入社理由は、自分のやりたいことを見つけるために、様々な職種を経験したいという動機でした。第0新卒の大きな魅力として、AP職種の多さだと思っています。結果として、APではTR・MGを務め、ライターや採用活動にも携わることができました。その中で、TR・MGは自分の部下を持つという大変貴重な経験をできました。大学生のうちからマネジメントを学ぶ中で実践でき、失敗や成功を繰り返す中で多くの気づきを得ることができました。 


名古屋支部23年卒
『進撃のTR』 佐藤 秀介

 

まとめ

第0新卒で活動している中で、辛い、辞めたいなど思ったことがあると思います。

しかし、それは社会人になってからも同様であり、仕事は楽しいと思えないこともたくさんあります。今のうちから、社会人と同様の仕事を通して、自らのセルフマネジメント力をつけられるよう、トレーニングしていきましょう!

そして名古屋支部・第0新卒全体を盛り上げていきましょう!

タグ一覧

他の記事を読む

社内広報

2022/02/24

社員が圧倒的信頼を置くインターン生の成長

こんにちは!長期インターン『第0新卒』を運営するスタイ […]

社外向け情報

2020/04/08

ゲーム仲間に暴言を吐いていた引きこもりが、チーム員からのありがとうで幸福度が上がった話

みなさんこんにちは。 長期インターン『第0新卒』を運営 […]

社内広報

2021/11/17

【OBが語る】就活は通過点に過ぎない。第0新卒で考えるキャリアステップ

皆さん、こんにちは! 長期インターン『第0新卒』を運営 […]

社外向け情報

2022/02/10

【社員インタビュー最終弾】 トップが捉える「SG」とは一体。

こんにちは!長期インターン『第0新卒』を運営するスタイ […]

社外向け情報

2020/04/02

この会社で働く理由「ありたい自分を叶えるためには、今、可能性を広げる必要がある」

Tweet みなさんこんにちは。 長期インターン『第0 […]

社内広報

2022/06/29

【名古屋支部開設1周年】支部が見据える未来とは?

皆さんこんにちは!長期インターンシップ『第0新卒』を運 […]

社内広報

2021/10/13

周りを笑顔にする堀内陸の考え方に迫る!【明るさは一石二鳥】

長期インターン『第0新卒』を運営するスタイルガーデン広 […]

社内広報

2019/03/12

【第0新卒】2019年1~3月期AWARD&4年生卒業式

  先日3月7日に2019年1~3月期のAW […]

応募フォーム