大学生キャリア

2022.02.04

就活では第一印象が全て?勝負の決め手となる法則とは

就活では第一印象が全て?勝負の決め手となる法則とは
こんにちは!ゼロメディア編集部です!

就活生の皆さんは、企業の面接に向けて対策を進めている頃だと思います。そんな中、面接に対してこんな不安を抱いている方いませんか?

「人見知りでちゃんと話せる自信がない…。」

しかし、面接でどれだけ上手に話せるかどうかも大切ですが、最も意識すべきことは “第一印象” であることをご存知ですか?

今回は、そんな人見知りでも第一印象でよく見せる方法について解説していきます!

第一印象の重要性とは?

そもそも、話すのが得意であることは生まれながらにして備わっていることはありません。赤ちゃんが人見知りであることが多いように段々と慣れてくるものです。第一印象はそこまで意識しなくても良いのでは?と疑問を抱き「まぁいいか」と投げやりになった経験があるかもしれません。ところが、就職活動における面接では常に新しい面接官との出会いです。ゆえに、就活の面接では第一印象の対策は切っても切り離せない課題なのです。

第一印象は見た目で決まる

第一印象はどのくらいの時間で決定されるかご存知ですか?実は、人の第一印象は “3秒” で決まると言われています。たったの3秒です。第一印象が決まるその瞬間は確実に非言語。つまり、言葉よりも見た目で決まる可能性が高いのです。およそ、人の第一印象においては メラビアンの法則 があります。このメラビアンの法則では「視覚情報」が55%、「聴覚情報」が38%、「話の内容」が7%と言われています。

目から入ってくる情報では90%以上にまでなります!

第一印象の課題解決には、容姿が重要であることが分かりますよね。例えば、食品メーカーのように衛生面のリスクを感じさせず、商品の期待値を従業員で向上するには、従業員が清潔であることは必要不可欠なのです。繊維商社やアパレル製品などファッション関連の企業であれば言わずもがなセンス、トレンド、など周囲が目を引くスタイルを実現せねばなりません。

面接においては、その企業が求めるスタイル・容姿を業態や職種などを加味してアピールすることが重要なのです。つまり、絶対法則は無く、全ては評価社会なのです。その企業・職場・ステークホルダーから評価される観点で、就職活動の面接会場に訪れ、場合によってはオンライン面接の画面に映るようにする必要があります。

いつの時代も最大公約数は陽キャ

では、具体的な対策としてどうすれば良いのでしょうか。シンプルな回答としては、好印象の最大公約数を考えること。つまり、明朗快活な印象を与えることがファーストステップなのです。そう、陽キャです!そのための努力として、最速で陽キャの印象を与える3つの努力をご紹介します!これをデフォルトに業界ごとにアレンジしてみてください。

1.色を活用する

まずは男性であればネクタイですね。シチュエーションによって使い分けることで様々な印象を与えることができます。

女性であれば、男性とは異なり服装で色を出すことは難しいです。そのため、オンラインの場合であれば、白を基調とした背景やリングライトを使い顔をはっきりとさせ、明るい印象を持たせましょう。

シチュエーション別、ネクタイの印象

2.髪型/メイク

男性の場合は黒髪短髪で前髪をあげ、おでこを出すようにしましょう。ビジネスマンにおいて信用は絶対条件です。もみあげをすっきり整え、少しでも顔を出すことで相手の好印象を伝えましょう。おでこを出すことで光の反射が起こり、物理的に明るさを出すこともできます。

女性の場合、髪型とメイクが一番左右されるポイントといっても過言ではありません。まず、髪型はどんな企業であっても清楚と見受けられる「黒髪に1つくくり」が良いとされています。ここで注意すべきはアホ毛や後れ毛です。これができていないだけで「不潔や身だしなみができない人」といった印象を与えてしまいます。
メイクに関しては、オンラインかオフラインで使い分けるのが良いでしょう。
オンラインの場合、画面上では顔しか見えないため、メイクが重要ポイントとなってきます。普段のメイクより濃くはっきりとすると良いでしょう。オフラインの場合、抑え目のメイクを心掛けましょう。厚塗り化粧は厳禁です。アイシャドウはブラウンを基調とし、ラメ入りなどは必ず控え、眉毛の形はアーチ眉、リップはほのかに色づいている程度が良いでしょう。

メイクで印象が変わる~オンライン面接編~

3.常に笑顔

男女共通して言えることです。笑顔は誰でもできる最強の方法です。常に口角を上げることを意識しましょう。笑顔は元気な印象を与えることができるため、面接中や人と話す時には常に笑顔を心掛けましょう。メラビアンの法則にもあった通り視覚情報の55%のうち、人間が最初に目にするのは相手の顔です。最初の表情であなたの第一印象が決まるといっても過言ではありません。

 

こちらの記事も読まれています。

【業界選びの教科書Part3】不動産業界って何するところ?

就活対策のはじめの一歩は「なぜ働くのか?」について自問自答すること。40年以上のキャリア人生と向き合おう。

【大学生必見!】あなたは朝型と夜型どっち?朝型の魅力に迫る!

【業界選びの教科書Part8】金融業界って何するところ?