社会人のリアルはバイトでは得られない【AP生:細田凌平】

バトンリレーインタビュー第1弾 (第3章)

[この記事は7分30秒で読めます]

前回のBP生 林さんに引き続き、今回はAP生の細田さんにインタビューしました!

入社1年半を迎え、E&I生とBP生を経て、現在はAP生としてトレーナーの役割を担い、多くのE&I生(研修生。入社1ヶ月〜3ヶ月程度)を育成しています。その心境はどのようなものでしょうか。
(弊社役職名はコチラ

さっそく細田さんの今をのぞいてみましょう!


細田凌平(ホソダリョウヘイ)

大学2年生より第0新卒事業に入社。アドバンストプログラムのトレーナーに就任。
初めて仕事をする大学生にとって、不安な部分を取り除く丁寧な指導力と失敗に対する楽しみを伝える能力に定評。
多くの大学生の成長に貢献。信頼と包容力をテーマに琵琶湖のように寛大なトレーナーと自負している。

 


➖細田さんはどうして第0新卒を選んだんですか?

 

当時は、自分が成長できる環境と給与体制を中心に3社の長期インターンシップを応募していました。

仕事自体は似ていて、他社の方が給与がよかったんですけど最終的にスタイルガーデンを選びました。

というのも、他社で「何でインターンをやっているんですか」と聞いたら「学生を労働力として扱う、もしくは新卒で採用する」って答えたんです。衝撃でした(笑)

 

➖笑 なかなか衝撃的なインターンライフの幕開けだったんですね

 

でも、その面接官の方から「インターンシップで自己成長するなら、自分の力を最大限発揮できる環境がいいよ」とアドバイスをもらいました。

吟味する中で、スタイルガーデンの第0新卒が最も最適な環境だなと思ったんです。スタイルガーデンでは学生を労働力として扱うわけでもなければ、新卒で採用するわけでもない。先を見据えてのキャリアアップの手助けをしているところに惹かれて、じゃあここでやっていこうって思えたんです。

 

➖実際入ってからのその環境に対するギャップはありましたか?

 

いい意味でありましたね。第0新卒生では営業職からスタートするのですが入社前、僕の営業に対するイメージはめっちゃ喋れる人やコミュニケーション能力が高い人、パリピとか笑 が活躍するものだと思ってました。

だけど、実際はそんなことなくて、コミュニケーション取れる人もそうですけど、どちらかといえば自分で考えて行動できる人が結果を出せるものだと思います。職種に対するイメージや仕事に対するイメージが変わりましたね。

 

➖今の「スタイルガーデン」の印象はどうですか?

 

他にこんなに学生のことを第一に考えている会社はないと思います!
その中で挑戦できる環境もあるし、自分のキャリアアップを目指していく上では、最高の会社です笑

 

➖スタイルガーデンに勤めて、一番学んだことを教えてください。

 

やっぱり、第0新卒という言葉の通り「実際に働くということがどういうことか」を一番学んでいます。例えば、バイトでは学べない他者への影響力ですね。自分が失敗したことが「ここまで大きくなってしまうのか」と実感することが何度かありました。

 

➖実際にどのような失敗を経験したんですか?

 

自分が育成しているE&I生に関して、上司との連携にミスが発生すると新人が仕事の中でお客様や関係者に迷惑をかけてしまったりします。弊社の事業は複数社と一緒に仕事をする環境もあるので迷惑をかければ、仕事自体の発注を失うこともありえるので、そこは本当に気をつけています。

いかに上司への共有や意思確認が正確にできるかが大切になりますね。

 

➖今の悩みは何ですか?

 

E&Iの子は、どうしてもこっちから働きかけないと動いてくれない状態があります。E&I生が自分から動くようになってもらうためには、どういう指示や伝え方をしてあげたらいいのかなっていうのは悩みかな。大学生は受身とお客さん気分がデフォルト笑 

ゆえに、伝え方や指導方法は人と研修内容、タイミングによってアレンジするように心がけていますね。

 

➖それはトレーナーだからこその悩みですよね。何でトレーナーになろうと思ったんですか ?

 

 かっこいいから(笑)

自分がE&I生の頃に担当してくれたトレーナーさんが仕事をやるときはとことんやって、遊ぶときはめっちゃ遊ぶみたいなメリハリがあって。そのうえ、めっちゃ論理的な考えを持っていてすごく憧れたんです!同じ大学生で1歳の年齢差とは思えない差を感じましたね。

トレーナーさんの中には、社員さんだと思う人もいたくらいです。
めちゃめちゃ緊張して話してたら同じ学生だったっていう笑

 

➖いいお話ですね!入社して何ヶ月でAPになったんですか?

 

入社してから9ヶ月くらいでAPになりました。
APになって半年ほど経ちます。

 

➖APになってからのトレーナー業務以外の悩みはありますか?

 

自分の悩みとしては、自己管理のむずかしさかなあ。めっちゃ後回しぐせが強いんです。いつもなんかするときは基本ギリッギリやし(笑)

「まだおわってないの!」「あれ聞いといてって言ったのにいつ報告上がってくんの!」とか周りに迷惑をかけてしまうこともあります。

 

➖その悩みにはどのように向き合っていますか?

 

改善しようという意識は強くなってるかな。スタイルガーデン での第0新卒を通して、自分がいつどのように仕事に取りくんだら頑張れるかを見つけることができました。

例えば「これやって」っていわれたら、周囲に「いつまでにこれやるわ」って宣言しちゃう。だって言ったからにはやらなあかんもん笑

APとしてのトレーナー業務に限らず、営業件数に関しても同じですね。「今週絶対○件取ります」って言ったら、取るしかない笑
実際それで取れたり取れなかったりするけど、自発宣言を達成しようと意識するから、自分にシビアな仕事観が身に付いたかな。

そういう意味でも、仕事を通して自分を知れるし、自分の適性もわかりますね。

 


 

 

➖APを経験した今、入社前と後の自分の変化はどのように感じますか?

 

人前での話し方が変わりました!

それまでは、話すことに自信がなかったのでそんなに上手く話せていなかったし、ゼミで発表するってなったときに、発表準備の仕方とかがわかってきて、これだったらいけるだろうと、自分でも自信が持てるくらいに準備ができるようになりました。あとは、単純に人前で話すこと自体も慣れてきたので、その辺は自信がついてきてるところです。

働くってのがどんなものかが分かったから、社会人になることがどういうことなのかがイメージできましたね。バイトだけで学生生活を過ごしていたら得られなかった感覚です。

もしここに入っていなかったら、今頃必死こいて自己分析とかしてると思うし、ただ遊んで楽しいだけの大学生活だったと思います笑



➖細田さんがスタイルガーデンで課題を克服したことは何ですか?

 

僕、営業で数字を追いかけることがすごく苦手なんですよ…

 

➖そうなんですか!?意外ですね!

 

意識的なところですね。「数字を取るぞ」という意識を持つのが最初のほうから苦手でしたね 。BP生の時とか、「営業苦手だな」ってめっちゃ思ってました笑でも、今はないかな。やっていくと、やって良かったことが多いし、現場でしか学べないこともありますからね。

 

➖苦手だけど、それ以上に得られるものがあるんですね。自分でその困難をどう乗り越えたんですか?

 

トレーナーになるときに、自分から社員さんにお願いして「どうやったら取れるようになりますか」ってトレーニングしてもらいました。毎週課題を出してもらいました。例えば、単純に件数を上げるためのロープレや、思考のトレーニング、思考力を鍛えるものとか。それのおかげで何かをやるってなったときに、それまでの自分と見違えるほどに順序立てて考えて行動できるようになりました。 

 


 

 

➖ここからは前回の林さんからの質問にお答えいただきます。同じ第0新卒事業にいながら、立場の違う2人。物事の見え方が違うのでしょうか?

 

Q1 APに必要なことはなんですか?

 

他者への配慮、気配り、組織的な視点

自分が学生と社員さんとの中間役職であるトレーナーとして、組織に貢献したり、影響度を持つ必要があります。だから必然的に責任が増えることは自覚しないとダメですね。

 

Q2 BP生時代に大切にしてほしいことを教えて下さい。

 

1人で磨けるスキルや仕事は余裕を持てるレベルに仕上げる

BP時代は他人に聞いたり、相談しやすいから、どれだけ自分から働きかけれるかが大事!APになったら、自分のことはできて当たり前。相談するにも時と場合を選びます。不安があるなら、身軽に聞ける環境の時に終わらせておいて!

 

Q3 BP時代にAPになるためにやっていたことを知りたいです。

 

そもそもなぜAPになりたいか?を考えましょう

単純にAPになっても業務が増えるだけ。ちゃんと、何で自分がAPになりたいかを理解しないと、APになるための行動も伴わない。「何でAPじゃないとダメなのか」そこが一番大切です。私達の事業理念である「応援を生み出す」の意味を再度確認しつつ、明確な回答を自分の言葉で語れるレベルで突き詰めよう!

 

➖回答ありがとうございます!今後の抱負を教えてください!

 

「人から尊敬されるようなビジネスマン」になる!

 細かい業務にもこだわって、確実に結果も出す!遊ぶときは遊ぶ!!そのためには細かいところや今できることも疑って、地に足を付けることからちゃんとやっていかないとね!



最後に、外部学生へアドバイスをお願いします!

 

ここに入ったからと行って、間違いなく成長するというわけではないです。

ただ「成長したい」「キャリアアップしたい」と思うのなら、それを最大限、実現できるような環境は整っているから、やるかやらないかはあなた次第です!

一緒に働きましょう!