ZERO VALUE

2021.01.12

言われたことだけじゃない。立場ではなく何を言うかを求めるE&I会議とは?

言われたことだけじゃない。立場ではなく何を言うかを求めるE&I会議とは?
みなさんこんにちは!

長期インターン『第0新卒』を運営するスタイルガーデンの広報室です!

長期インターンシップを始めたいけど、実際入ってどんな活動があるのか、会社に馴染めるのか不安という方も多いと思います。そこで今回はスタイルガーデンで行われているE&I会議について紹介することで、そのような不安を解消していきたいと思います!

※第0新卒生には、E&I生(研修生)→BP(Basic Program)→AP(Advanced Program)という階級があります。

E&I会議とは?

『第0新卒』では、入社してからはまず初めにE&I生(研修生)として活動が始まり、その期間は主に担当トレーナーによる研修・面談がマンツーマンで行われています。

その活動とは別に、ほとんど同じ時期に入社したE&I生同士の交流の場として、トレーナー陣によって毎週定例で開かれているのがE&I会議です。

では実際に、どのような目的で、どのような活動がなされているのかについて、トレーナーの1人である大坪さんにお話を聞いていきたいと思います!

 

大坪陸斗 / 立命館大学4年生 / 現在は新人教育を行うトレーナーとして活動中

 

トレーナーが考える会議の目的

目的1 : 長期インターンにおける横との繋がりを深める。

研修は主にトレーナーと1対1で進めていくので、なかなか担当トレーナー以外と交流する機会がありません。なのでE&I会議では、ディスカッションや意見交流など他のE&I生と会話をできるようなコンテンツにすることで、一緒にがんばる仲間を見つけられる1つの場にしていきたいと思っています。

目的2 : E&I生の成長をサポート

会議も研修の一環です。最近では、各トレーナーが担当E&I生の悩みや課題を共有し合い、その子の目的に合わせたコンテンツを行えるように工夫しています。例えば、営業をする上で大切なヒアリング力を強化したい子がいれば、楽しみながらヒアリング力を強化できるコンテンツを行ったり、慣れないことも多くだんだんやる気が落ちてきている子に対しては、『第0新卒』に参加した目的を再認識できるような時間を設けるようにしています。

目的3 : 営業を日常生活に転用する力を身につける

営業の考え方は日常生活に転用できます。なので会議ではそれを実感してもらうことも1つの目的としています。営業と日常生活と切り分けて考えるのではなく、日常生活に活かせると分かることで、営業を学ぶ意味を再認識でき意欲にもつながると思います。なので、会議ではできるだけ営業の本質を伝えるように心がけています。

 

コンテンツ内容

具体的なコンテンツの内容について紹介していこうと思います。

 

①営業の本質理解

・ペンを1万円で売ってみよう!

・説得ゲーム〜朝にパンを食べない人をパン派にさせよう!〜

・他己紹介〜ペアの相手を友達になってもらえるように紹介しよう〜

全てに共通するのは何かを紹介するということ。その紹介する目的を達成するためには、相手に何を聞き、どのように伝えるかを考えなければなりません。これは営業にとって大切な考え方です。このように身近なものや人を題材にすることで、営業は日常生活に転用できることを体感してもらいたいと考えています。

②目的意識の再認識

・自分の強みを表した「○○な」の発表会

・入社目的の共有

目標は目的を達成する手段です。しかし目の前のことに全力で取り組んでいると目標だけに目がいき、もともとの目的に対する意識がうすれていきます。なので定期的に自分はどうありたいのかという目的を再認識することで、本当に必要な目標を立てることができます。

このようにトレーナーの方は、みなさんの成長を全力でサポートするためにいつも真剣に考えてくれています。

トレーナーの関連記事①はコチラ→

トレーナーの関連記事②はコチラ→

第0新卒生の感想

ここで、よりE&I会議という制度について理解してもらうために、E&I会議を受けてきた第0新卒生の感想を紹介したいと思います。

 

~E&I会議があって良かった点~

●営業が様々な場面で応用できることが分かり、早く商談をしたいという勤務へのモチベーションにつながりました!(4年生:男性)

●営業に必要な要素も楽しみながら養う事ができました!(3年生:女性/3年生:男性)

●同様の悩みを抱えた仲間と話す機会があることで、気軽に相談ができ、自分も頑張ろうと思えました。(3年生:女性)

●研修以外で事務所に行く機会があることで社内の人と仲良くなり、事務所での居心地がよくなりました!(3年生:女性/2年生:男性)

●実際に勤務に出た子の話を聞くことができ、自分自身が勤務に出る時に目的をもって取り組むことができたと実感しています。(3年生:男性)

 

このように様々な効果を感じている第0新卒生がいます。

 

 

また、横の繋がりに関しては、第0新卒生の94.7%がE&I生同士で仲良くなれたと答えています!

このように、ただ横との繋がりを深めるだけでなく会社にも馴染むきっかけにもなり、営業についての考え方も学ぶことができることが伝わったのではないでしょうか?

 

E&I会議を通して仲良くなったお2人
左:中川千寛 / 甲南大学3年生 右:林優香 / 関西外国語大学3年生

 

共に頑張る仲間に出会えました!
左:西分陽 / 同志社大学2年生 右 : 魚井風汰 / 近畿大学2年生

西分さん・魚井さんに関する記事はコチラ→

 

最後にトレーナーからのメッセージ

このような経験を最大限に享受するために、会議に参加する上で意識してほしいことがあります。それは受け身の姿勢ではなく、積極的に取り組んでほしいということです。

例えば、トレーナーとの研修ででてきた問題点を意識して会議に参加するなど、会議の場をもっと有効活用してほしいです。どこを改善したいのかを考えながら会議に取り組むことで、日々の研修も真剣に取り組むようになります。その結果だんだんと良いサイクルが生まれ、個人の成長につながっていくと思います。

言われたことだけでなく、何を考え、何を言うか?第0新卒のインターンは在籍歴など関係なく、意見形成を求めます。

また今はトレーナーが考えたコンテンツを中心に行っていますが、これからはE&I生とも一緒に考えていくことで、より良い会議にしていきたいと思います。なのでどんどん提案してほしいです。

積極的に行動し、一緒に成長していきましょう!!

こちらの記事も読まれています。

ZERO VALUE

2021.12.03

学生よ、動き出せ!~長期インターンシップでの不安解消法~

ZERO VALUE

2021.10.26

【成長したい】成長にこだわる学生が長期インターンシップを選んだ理由

ZERO VALUE

2021.05.17

【注意】幸せな洗脳をされたインターン生の末路。

ZERO VALUE

2022.01.17

大学生活での夢を諦め挑んだ長期インターン