大学生キャリア

2021.03.26

【職場でキュンキュン】インターン女子の希望! 働く上司の嬉しい行動10選!

【職場でキュンキュン】インターン女子の希望! 働く上司の嬉しい行動10選!
みなさんこんにちは!
女子ライターの山口です。

春になって、新顔も増えてきた弊社。もっと職場が良い雰囲気になれば良いのに。この時期は色んな想いが交錯しますよね。

もう少しで社会人デビューされる方の中にはワクワクしながら働きたい人、まだまだ学生を終えたくないと思う人。一方で、社会人であれば後輩に良いところを見せようと意気込んでいる人。様々なキモチが交錯しますよね。

しかーし!!

「キュンとする瞬間を増やしたい!!」

この想いは皆さん共通してありません?ナイことは無い!あるんです!
実はキュンには「とある考え」を転用できるんです。

「相手の立場に立って考える」

今回はこの考えを実際に転用して、働く上司にされたら嬉しい行動10選をお届けします!

 

今回の上司役はこの方!(年末の漫才大会で見る司会者っぽい顔ですね)

盛上さん age:20(こう見えて現役大学生)

普段は第0新卒で新人研修を担当するトレーナー。ドケチ。特技は腹話術。
なんかウザい」に定評◎   自分の事を面白いと思うタイプの上司。

 

山口:ねぇねぇ。盛上さんって年齢の割に渋いじゃないですか、、
だからキュンと来る上司の行動を書きたいんで協力してくださいよ。

盛上:渋い!?(ダンディだと思ってた…)まぁ良いですよ。

山口:やったー!
じゃあ、私がシチュエーションを言うので、それに適した行動をおねがいします!

盛上:お任せあれ!(すぐ喜ぶんだから、簡単なもんだ。ニーズに応えるのが俺。
俺の研修トレーナーとしてのプライドが火を噴くぜ!)

 

ねぎらい編

①褒められるとやっぱり嬉しい

大きい仕事を終えた時や、行き詰っているときに褒めてくれるだけで頑張れちゃうんです。なのでたくさん褒めてください~!

うん。違う。声が大きいだけ。大きい≠たくさん

 

②上司から頼りにされる熱い言葉

一緒に仕事をしているからこそ、認められた時は嬉しいのです!「ちゃんと見てくれているんだな~」と感じられると、より一層仕事を頑張れる原動力になります。

え?なにこれ?なにこれ?パニック。

 

③残業中の差し入れ

しんどい時の差し入れって誰でも嬉しいですよね!

そんな中で「お疲れ様」と少しでも差し入れをすると、はいもう完璧です!!

えっちょっ多い…少しって言ってんの。

 

フォロー編

④仕事で失敗した時に見える包容力

上手くいかなかった時や落ち込んでいる時にフォローすると喜びます。特に、普段厳しい人からフォローされるとそのギャップにやられる女子は多いですよ!

フォローの意味違うし、愛したことも記憶にないし、言い過ぎなのはガチ。

 

⑤体調を気遣ってくれるマメさ

調子が出ないときに、気遣ってくれる言葉をかけてもらうと、自分のことを気にかけてくれていることがわかって嬉しいですよね。この気遣いが上司を信頼するきっかけになるかもしれません!

片手間!すっごい片手間!

 

⑥頑張れと言われる時

頑張れは最強のワードですよね!何気ない一言かもしれませんが、上司から言われたら最高に嬉しいです!

何気ないどころか、うるさい。仕事しろ。

 

⑦責任を押し付けない

若いうちから大きな仕事に携わりたい! と意気込む人もいるでしょう。しかし、やっぱり失敗はつきものです。そんな時に見放すのではなく、裏でしっかりサポートすると部下からの厚い信頼は得られます!

こわい。何について大丈夫なの?ミスってるときの圧じゃん。

 

指導編

⑧ちゃんと叱ってくれる時

社会人になると意外と叱ってくれる人は貴重な存在です。そんな中で指摘をしてくれると信頼に繋がるのです。
ただし、嫌味っぽく言うと逆効果です! 柔らかくジェスチャーも付けて欲しい~!

なんだその顔。叱る→煽るではないと肝に命じろ。

 

⑨優しく教えてくれる時

いくら上司とはいえ、きつく当たられるとやる気がなくなります。なので皆さん優しく余裕を持って丁寧に教えてください~。

あれ?余裕と丁寧の認識… もう帰るんだけど。

 

⑩後押ししてくれる

何か新しいことに挑戦したい時に「やってみたら?」と言ってくれると嬉しいです。新人が発言することは勇気がいるときもあります。そんな時に否定せず話を聞いてくれる上司はかっこいいと思われるでしょう!

絶対聞いてなかったやん。

 

盛上「ふーっ。完璧でしたよね」

山口「・・・・・」

盛上「ぶっちゃけキュンキュンしたでしょ」

山口「・・・・・」

盛上「申し訳ございません」

山口「おつかれ」

 

 

紹介したものの意図を汲んで正しく実践すればキュンに溢れること間違いないです!

大事なことは「他者の視点に立って考える」ということ。

間違っても「自分が正しいと思うこと」は控えて、今回の事例は反面教師にしてくださいね!正しく知りたい人は昨日の記事も合わせてご覧ください。

こちらの記事も読まれています。

ベンチャー企業に行こうとしたら、親父に止められた話。

2度の就活から見えた、何をするかではなく「夢中」になることの大切さ

一般大学生が社会を知って痛感した衝撃の事実3選。あなたの大学生活、今のままじゃまずいかも。

就活生は悩むことが多い… 今回は、大手vsベンチャー編