学歴フィルターを解消!大学生が就活で成功する方法3選

 

就活の場で1つの指標とされている「学歴」。

あなたは自分の学歴についてどう思っていますか?

もし自分の学歴に自信が無く後ろめたい気持ちを持っているのならば、それは学歴コンプレックスかもしれません。

学歴が就職に影響すると思い、憂鬱な日々を過ごしている大学生も多いでしょう。

しかし、自分自身で学歴コンプレックスを克服し、就職活動で成功する方法があるならば、試してみたいと思いませんか?

今回は、就職活動を送る上で、学歴が原因で辛い思いをしないために、大学生がやっておくべきことを紹介します。

これらのことを実践して、コンプレックスから解放された自信に満ちた自分に生まれ変わりましょう!

 

そもそも就活で学歴はどれくらい影響するのか?

履歴書には必ず学歴を書く欄があるように、就職において学歴は重要と考えられがちです。

実際一部のコンサルティングファーム、銀行・証券会社では学歴フィルターが存在すると言われています。

しかし、日本のほとんどの上場企業、ベンチャー企業では学歴は影響しないことが多いです。

理由は、学歴よりも企業側が重要視しているポイントがあるからです!

そのため、学歴コンプレックスを抱えている大学生にはぜひ参考にしていただきたいです。

 

就活で成功する方法3選!

 

部活動

大学で部活動をする人は中学・高校時代に比べるとかなり少ないかもしれません。

実際多くの学生はサークル活動に励むでしょう。

しかし、サークル活動よりも部活動をおすすめする理由には下記のようなものがあります。

 

① サークルより密に仲間と関わることで、いろいろな価値観に触れあって客観的に自己分析ができる。

② 体調管理、時間管理などの自己管理能力が身に付く。

③ 先輩、後輩との上下関係から学ぶ社会的なマナーを学べる。

④ 厳しい環境下に身を置くことで得られる向上心・ストレス耐性が身に付く。

 

これらは全て社会で活躍するために必要なスキルであるため、就職活動でアピールできるでしょう。

 

留学

近年、留学を経験している学生は急激に増えています。

しかし、社会に出て外国語を使って仕事をすることはほぼなく、なぜこんなに留学する人がいるのだろうと疑問に思われる方も多いと思います。

それはなぜかというと、留学で身に付くスキルは語学だけではないからです。

例えば、下記のようなものがあります。

 

① 異文化体験でグローバルな視点を得られる。

② 多くの初めての体験から主体性・チャレンジ精神が身につく。

③ コミュニケーション能力が身につく。

 

これらも社会で必要不可欠なスキルであるため、学生のうちに身につけられると良いでしょう。

 

長期インターン

最後に、1番おすすめするのは長期インターンです。

なぜならば、費用対効果が大きいからです。

大学の部活動の場合、4年間在籍することがほとんどですよね。

また、留学の費用が高いと思われている大学生が多いと思います。

長期インターンの場合、努力を重ねれば半年から1年で成果を出せるのでおすすめです。

長期インターンでは以下のようなスキルを身に付けることができます。

 

① 学生のうちにビジネススキル、ヒューマンスキルを身につけられる。

② 経営者との距離が近く社員と交流する機会が得られる。

③ 様々な業界についての知識が深まる。

④ 入社後に必要な専門的なスキルが身に付けられる。

 

長期インターンは実際に会社の雰囲気を肌で感じられ、実務を通して力を付けられる場所です。

 

まとめ

 

今回は、学歴コンプレックスを抱えている学生がやるべきことを3つ紹介しました。

「就職活動を成功させたい」と考えている大学生の役に立てれば幸いです。

弊社では長期インターン生を募集しています。

「社会に出て活躍したい」と考えている大学生からの応募をお待ちしております。

インターン生のブログはHPから!