モテない男性

ガールズトークで必ず盛り上がる恋バナ。

 

ある日の女子会、A子の発言

「こんな男の人やだよね〜笑」

から、ビジネスにおけるイケてない男の人に派生させてみました。

 

 

3位から1位までランキングで発表します!

当てはまったら危険信号(かも…笑)

 

 

◇第3位:遠慮しすぎる男

女性から褒めてもらう場面があった時、スマートでイケてる男性なら

「本当?ありがとう!」と言葉を素直に受け取ってくれます。

 

高身長でスタイル良いね!

その時計、ネクタイ、センスあるね!

ヤダ、ちょーイケメン!

お金持ちね!すごーい!

 

これらに対して

本当に・嬉しい・ありがとう

素直にこれで大丈夫です。

 

「かっこいいですね」「センス良いですね」と褒められて

「いえいえ!そんなことありません!」と全力で否定する男性がいますが

いや、何の遠慮ですか。笑

謙虚さ間違えてます。

 

女性陣からすれば、せっかく書く言葉に出して褒めたのに素直になれず受け取れば良いじゃん!となって逆効果ですよ。

 

ビジネスにおいても遠慮しすぎる男性は好かれません。

というか損します。

 

例えば

上司から貰い物を頂く時。

「ありがとうございます!大切にして使わせて頂きます!」

こんな風に素直に感謝して受け取る方が

あげた方も気分がいいので好印象を持たれます。

 

「いえいえ!こんな高いもの申し訳なくて受け取れないです!」

一見、自分を下げて謙虚になっているつもりが逆効果。

自分の好意を否定されたと思われてしまうので、なかなか上司との距離が近くなりません。

 

他にも、ビジネスの場面で「自分には到底…!」と遠慮し過ぎていると

せっかく回ってきたチャンスも逃しかねません。

チャンスを遠慮せず受け取る人の方が成功するためには良いに決まってます。

 

〜リマインド〜

・もらった言葉やものに対して遠慮せずに素直にありがとう

・過度な遠慮はチャンスを遠ざける

 

◇第2位:モテたいがための筋トレ男

筋トレをして体を鍛えている男性は多いと思います。

その中でも誰のために筋トレをしているかでモテ度は格段に変わってきます。

 

自分の理想像を持って、それになるために鍛えている人は

他人からどう思われるかをあまり気にしません。

それに比べて、モテたいを理由に筋トレをする人は、

すぐ服を脱ぎたがります。筋肉自慢に入ります。

 

「見て!俺の筋肉すごいだろ!」

 

女性陣はうんざりです。

知らん知らん。興味ない。

引かれる要素でしかありません。

 

自分のしたいこと、なりたい姿のために動くか、

周りからの見られ方を気にして動くか。

 

ビジネスにおいてもこの2つの行動は今後を大きく左右します。

前者は行動を「自分」を軸にします。

そのため、組織の中できちんと自分の意思を持って行動ができます。

意思を持って行動して初めて組織の中で活躍ができるようになります。

 

それに比べ後者は「他人」を軸にします。

周りを気にして動くため、自分の意思がありません。

自分の意思なしで他人に動かされていては、一生「誰でもできる」仕事を任せられるだけでしょう。

 

〜リマインド〜

・自分の理想を持って、自分の意思で筋トレを行え!

 

◇第1位:一線を引けない男

一見、一線を引かない人の方がオープンでモテそうですが、それはある程度の関係性ができてからの話。

自分はオープンだから〜と勘違いして

相手にしてズケズケ入り込んでいく男性がいますが恋愛においては即死です。

お前はもう死んでいます。

 

 

ビジネスにおいても同じです。

相手との距離感を間違えてはいけません。

たとえ無礼講とは言えども…失態を犯してしまえば、

大きなビジネスチャンスも逃す可能性もあります。

 

そして意味合いは前述したものとは少し違いますが、

ビジネスでは譲れない一線を持つことが相手との関係を良好に保つ秘訣になります。

相手に取り込まれてしまわないようにするのもとても大事なことです。

 

〜リマインド〜

・人間関係においては一線を引け!

・相手の立場を重んじよ!

 

 

◇まとめ

ここでみた遠慮しすぎる男、モテたいが為筋トレする男、一線を引けない男、

これら全員本当にモテません。

そしてビジネスにおいても人から好かれない傾向にあります。

 

恋愛においてイケてない男性はビジネスにおいてもイケてない。

素直で、自分の意志をきちんと持ち、人間関係において適度な距離感を保つことができれば恋愛、ビジネスにおいても成功することでしょう。