【第0新卒】第2期 上半期アワード

昨日12月15日を持って上半期の結果報告と共に
成績優秀者の表彰式を兼ねたアワードを実施致しました。

今回は、創業初期から支えてくれたメンバーやリクルート手法を変更してから所属したメンバーが最後のアワード参加ということもあり、いつも以上に気合を入れて準備してまいりました。
今期は第0新卒生(世間でいうインターン生に近い存在)間でも経験値に差が凄くあり、山あり谷ありの日々でございました。
50名近くの第0新卒生が一生懸命に仕事ができている今の環境も社員だけでは到底実現不可能で、彼らの力があって成り立っているんだなと実感致しました。

インターンという採用手法は
「ブームから文化へ」
それを実感した半期でございました。
創業当初は、インターン=採用という計算式ではなかったのが
今年に入ってそれを強く実感する様に。
インターンに対する学生の期待値や準備する採用サイドの負担。
採用活動というリクーティング制度の限界。
人材教育のフィールドにいたから感じる一つの時代の流れを感じました。

そんな変化の真っ只中にあって、長期のインターンを継続する彼らには本当に感謝しております。
そんな彼らの様子を少しでも伝えたいので写真と共に
ご報告させて頂きました。

また、関係者の皆様におかれましては、
平素より変わらぬご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
来期も何卒宜しくお願い申し上げます。

2016年度 上半期アワード 第0新卒生受賞者一覧
最優秀賞・・・青木貴里(関西大学 4年生)
優秀賞 ・・・津田康介(関西学院大学 4年生)
準優秀賞・・・窪田祐也(龍谷大学 4年生)
敢闘賞 ・・・樋口直紀(関西大学 5年生)
新人賞 ・・・山田隆太(大阪市立大学 3年生)