【第0新卒】私の成長ストーリー(小森 周平)

—–  プロフィール  —–

神戸学院大学 経営部 2015年入学
小森 周平

—–  成長ストーリー  —–

私がこのスタイルガーデンに入って変わった事が2つあります。

1つ目は「営業」に対するイメージ。
2つ目が「当たり前」ができることの大切さ。

他にも学んだことはたくさんありますが、特にこの2つはスタイルガーデンの第0新卒で活動しなければ変わらなかったことだと思います。

 

私が第0新卒に所属したのは大学3年生の春。
当時の私はアルバイトや自分の時間を好きなことに費やすなど、一般的な大学生と同じような大学生活を過ごしていました。
大学3年生ということもあり、「就職」を意識するようになり、就職活動や将来のことで悩み始めていました。将来自分がどうなっているか、就職できているかなど全くイメージができませんでした。

私の通っている大学はお世辞にも高学歴とは言えません。そのような学力の面からも将来に対する不安は募る一方でした。
学歴のコンプレックスをなくしたい、から始まり、社会人としての良いスタートダッシュを切りたい、という強い気持ちへと変わり、長期インターンを探しました。

そこでみつけたのがスタイルガーデンの第0新卒。事業ビジョンの「自らやりがいを創り出せる人材を育てる」という言葉に惹かれました。
※現時点で「自らやりがいを創り出せる人材へ」は「どのような組織でも活躍できる人材へ」に内包され、事業ビジョンは変更されています。

 

まず、所属して変わったことの1つ目は営業に対するイメージ。
大方の大学生がそうであるように私もごく普通のアルバイトの経験しかなく、第0新卒に所属する以前は営業に対してあまり良いイメージを持っていませんでした。

当時、私の営業に対するイメージは「厳しく件数を追求される」や「難易度が高い」といったものでした。
しかし、ここでの活動を通して今まで持っていた営業のイメージとは一転し、今ではやりがいを持って営業をしています。
第0新卒では営業活動に対して細かいフォローを頂けるなど、自ら営業を学びたいという学生にとっても充実した環境です。

トライ・アンド・エラーを繰り返すうちに、営業のコツや自分だけの営業手段も手に入れることができました。

もちろん今でもなかなか良い成績が出せずに苦しむことはあります。
しかし、どのように今の状況を乗り越えるかを毎度考え実行するなどして、日々、成長を実感できています。

「成長をしている」ということを実感できる環境にあるからこそ、「さらに上を目指したい」「チャレンジしたい」と前向きに考えるようになりました。

 

  

自身が変わったことの2つ目は「当たり前のこと」を再度見直し、徹底して行うことです。

自分が今までほとんど意識していなかった「当たり前」に改めて目を向ける機会ができ、それらがいかに大切かを知ることができました。
以前、私が誤った報告文を提出した時に言われた言葉があります。

「自分がミスすることで周りにどういう影響がでるか考えろ。」

当時私はすべてのことを自分本位で考えていました。
自分がミスをすれば自分の評価が落ちる、その程度のことしか考えていませんでした。

しかし、もっと視野を広げ、周りの環境にも目を向けてみると、恐ろしいことをしていることを気付かされました。
自分のミスをフォローする為に、見えないところでたくさんの人が動いていることに気づかなかったのです。

さらに、自分の評価が下がることで信頼だけでなく自らのチャンスをも失い、それに伴って結果も残すことができなくなる。
「当たり前のこと」ができていないと、自分のチャンスを失うだけでなく、他の人の時間や組織全体に影響を及ぼすということに気づかされました。
時間、提出期限、誤字脱字、など「当たり前のこと」は社会人になる前に徹底して身につけていきます。

 

営業に対するイメージの変化、「当たり前」を徹底することの大切さ、これら2点を社会に出る前に知ることができて本当に良かったと思っています。
この2点を含め自分の意識を変えることができたのはスタイルガーデンの第0新卒というフィールドがあったから。

 

皆さんが思っているほどインターンは難しいものではありません。
確かに、大変なこと、時には辛いこともあるかもしれません。

しかし、その大変さや辛さを経験し、いかに自分が乗り越えて行くか。

今まで辛いことから目を背けてきた人、新しく社会に出て活躍したいと考えている人、人間として成長したいと考えているのであれば、共に第0新卒で自分磨きをしませんか。