【第0新卒】私の成長ストーリー(得岡 司)

—–  プロフィール  —–

関西大学 商学部 2014年入学
得岡 司

—–  成長ストーリー  —–

私は大学4回生にして人生の中で一番大きな挫折を経験しました。

 

挫折とは就職活動の失敗。

 

大学に入学した時から、社会で活かせる力を身に付けようと、サークルで代表をして、後輩の育成やOB、OGとの交流等を盛んに行ってきました。その分、自分に自信を持っていた部分もありました。就職活動なんてすぐに終わると思っていました。

 

しかし、結果は惨敗。

 

志望していた企業から内定が出ず、途方にくれました。
自分が大学生活で頑張って来たものは社会に出て通用することとは少し違ったのかもしれないと思い、非常に悔しい思いでいっぱいでした。

 

ただ、このまま腐っていてはいけないと思い、自分に何が足りなかったのか、社会人になるとはどういうことなのかを知るため、実際に社会人の方と仕事がしたいと思い手がかりになるものを探していました。
兼ねてから、営業を志望していたこともあり、スタイルガーデンの第0新卒と出会い、所属を決めました。

 

入社して感じたのは、社員さんと学生のレベルの高さ。自分と年が変わらない、ないしは年下の学生が法人相手に営業をしていたり、実際に社会人と対等に仕事をしている姿に衝撃を受けました。

自分にもできるだろうか、入社当初はそう思っていました。

最初は覚える事や意識することが多く、大変な時期もありましたが、今では仕事が楽しく思えています。
これは私が苦しい時期を過ごした時に、社員さんや第0新卒生が、自分の時間を割いてまで丁寧に私への指導をしてくれたからです。

加えて、第0新卒の人が公私ともに非常に尊敬できる人ばかりだったので、見習うべき部分が多く、自分としては大きなモチベ―ションとなりました。

 

実際に仕事をしてみると、要求されるレベルは高く、上手くいけば評価してもらえるし、そうでなければ悪い評価として躊躇なく返ってくるという大変な世界でした。
しかし、その分今までの自分の甘さであったり、足りない部分が鮮明にわかるので、自分を見つめなおす非常に良い機会となりました。
実際に、自分の弱点を克服して社会人から認められ、「得岡に担当してほしい」と言われた時のうれしさは格別でした。

 

私がスタイルガーデンに入って大きく成長したのは、相手の立場で考えることや、仕事をする上での信頼関係の大切さ。言葉で表すのは簡単ですが、実際に体現するのは非常に難しい。
仕事をする上で自己中心的な行動は許されません。それを実際に肌で感じられたのは第0新卒生として所属していたからです。

また、ここスタイルガーデンの第0新卒で学べるのはレベルの高い営業だけでは無く、チームマネジメント、新人教育、広報等、多岐に渡ります。
私は営業部門での活動を行なっていますが、残された時間の中で1つでも多くのものを吸収できるように励んでいきたいと思います。

 

この記事を書いている現在、私は就職活動真っ只中。

去年失敗したということもあり、本来であれば大きなプレッシャーがのしかかっていたことでしょう。
しかし今回の就職活動は去年よりも前向きな気持ちで取り組めています。
それは、第0新卒を通して社会を知ることができたこと、一生懸命取り組み自分に自信を持てるようになったこと、この2点が非常に大きいと感じています。

 

このブログを読んで少しでも成長したい、学生時代に何か熱中できるものがほしいと感じているなら、一度話を聞きに来てみてください。その目標を達成できる環境と尊敬できる社員さん、第0新卒生がいます。

 

ぜひ、目標への一歩を踏み出してください。