インターンってよく聞くけど、実際何なの?

大学生になってよく耳にするのが「インターンシップ」という言葉。

先輩や大学から

インターン行ったほうがいいよ!

就職に有利だよ!

など聞くこともあるのではないでしょうか。

 

ここでは

・インターンシップとは何か

・インターンの種類

・それぞれの種類のメリット、デメリット

・弊社の「第0新卒」とインターンの違い

を、説明したいと思います。

 

インターンとは?

インターンという言葉は聞くけれど、そもそも何なのか分からないという学生も多いと思います。

本来のインターンとは学生が企業で事業に従事し、学生と企業側のギャップを埋めるための一定期間のことを指します。

ただ、インターンといっても様々な種類があるため、その種類について次に説明したいと思います。

 

長期?短期?有給?

まず初めにインターン期間の種類から。

インターンと呼ばれるものには長期インターンと短期インターンがあります。

それぞれのインターンは目的が異なるため、自分の目的に合っているインターンを探す必要があります。

 

−短期インターン−

期間は1DAY、1週間のものがほとんどで、中には1ヶ月の短期インターンもあります。

セミナーや講義、ディスカッションワークなどをすることが多く、職場見学や職場体験ができます。そのため、様々な業界を研究したい学生にとっては有益。企業側は自分たちの会社を広く知ってもらおうと開催していることが多いです。

また、実務が伴わないケースが多く給与は支払われないことがほとんど。

 

◇短期インターンのメリット

様々な業界の窓を叩ける

学業との両立がしやすい

◇短期インターンのデメリット

その企業の表だけしか分からない

 

−長期インターン−

その名前の通り長期にわたって行うインターン。期間は半年、一年以上、など様々。短期インターンとの違いは実務を経てスキルを身につけるという目的があるという点です。長期インターンは実務を伴うことが多いので有給である場合が多いです。

よく、有給インターンとバイトの違いはないのかと聞かれますが、有給インターンでは時間の対価が「お金」ではなく「スキルアップ」である点が大きな違いです。

 

◇長期インターンのメリット

実務を通してスキルアップができる

◇長期インターンのデメリット

責任が伴う

 

 

ここまででインターンとは何か、インターンの種類、メリットとデメリットを説明してきました。

 

ここからが、自分自身のスキルアップを目指す学生必見。

社会に出ることが不安である、学生のうちに社会に出る準備をしておきたいと思っている学生は絶対に長期インターンをするべきです。

よくあるのが、

長期インターンは時間の無駄

何を習得したかイマイチ分からない

学業との両立が難しいのではないか

という意見。

 

時間の無駄?

→長期インターンをする上で何かしらの目的を持っていますか?

目的や目標さえ持っていれば時間をどれだけかけても無駄ではありません。

 

何を習得したかイマイチ分からない?

→これも同様。ここで何を学ぶかを明確にすれば良いだけの話です。

 

学業との両立が難しい?

→新しいことを始めるのですから最初は大変だと感じることもあると思います。

特に、長期インターンで学生の成長を掲げている企業では学業とインターンを両立させるべく様々な工夫を凝らしていることが多いです。また、自分なりの工夫を凝らして両立をさせている学生も数多くいるので、決して不可能なことではありません。

 

スタイルガーデンの「第0新卒」

では、弊社の掲げる「第0新卒」が一般的な長期インターンと全く違うということをお話しします。

 

一般的な長期インターンでは企業の行う事業をお手伝いしながらスキルアップを目指すイメージ。

 

弊社が行なっているのは学生の教育、支援を目的とした事業。スキルアップに特化した場を提供しているわけです。

・社会人として当たり前にできなければいけないビジネスマナー

・組織でいかに自分の意見を持ち、発言できるかという思考力や発信力

・ビジネスにおけるスキル

これら全てを高いクオリティで学び、インプットしたものを即実践できる環境も整っています。学生支援に特化した企業だからこその強みです。

 

 

どのように考え、どのように生きるか。

目的によって手段は変わります。

長期インターンシップを探すならば国内最大級のキャリバイトがオススメです!

長期有給インターンシップ募集情報|日本No.1インターン求人サイト「キャリアバイト」

第0新卒に興味がある方はコチラから!

第0新卒から社会へ|株式会社スタイルガーデン – Style Garden