とりあえずっていうノリの怖さと素晴らしい点

ブログ一覧

2016.03.09

S__73089040


ベベくんが弊社に!


1時間ほどかけて弊社のことを知ってくださり、なんか分かんないけどスピーカーを訪問販売していただきました。

食料がないとのことでコンビニでおにぎりを全種類プレゼントさせてもらいました。

クラクションベベーがあのMステのタトゥー事件時にTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT

が歌った伝説から来ている名前など気になる点などにもお答えいただき、しばしの憩いとなりました。

ベベさんあざっした!

若干、私と顔が

クリソツっすよね

だから何?って感じですけどね。やったね!

また、当日の内容はLIGのブログを通じて広報くださるそうです。

 

S__73089041

無理やり乗り込む弊社代表。

この後、ベベさんの車にある私物をいじり倒しておりました。

ほんまええ人や


言葉ひとつでも変わるマネジメント


 

さて、タイトルになります。

「とりあえず」

っていう言葉ですよね。

この言葉には良いところと悪いところがあるんですよね。

私の仕事であるポテンシャルリサーチにおいて、才能の一部である

「活発性」

「慎重さ」

この才能が私は両方ともに好きなのですが、相反する能力なのです。

今回のタイトルの言葉で言うなら前者の「活発性」がよく言うセリフです。

ざっくりと言うと、とにかくすぐ決めて始めたい!ってかたが該当する才能で

求めたい能力でいくと「起爆剤」「スタートダッシュ」が該当します。

なので「慎重さ」という才能を上位に持つ人からすると

意味不明

な展開となります。

その大きな違いでいくと

失敗の概念

つまり、失敗に対する認識が大きく異なります。

「活発性」・・・やらないこと。諦めること。

「慎重さ」・・・こけないこと。ミスしないこと。

この相反する能力が上位にある2人が上司や同チームにいると、同じ指導方法でマネジメントを図ると失敗します。

「とりあえず」という言葉だけでも、人によって心地よさが大きく異なります。

 


個別化を意識したマネジメント


 

スタイルガーデンの特徴であり、ウリは約50名の学生が所属し業務に従事しているということ

そもそもどうやって、こんなに学生が所属するの?ってよく聞かれます。

回答としては山ほどありますが、マネジメントやコミュニケーション

において最も気をつけているのは

 

Individualization

 

この言葉に尽きます。

誰一人として同じマネジメントは行わないスタイル。

人は皆得意分野があり、多様性があり、

武器が異なるということを理解し続けるスタイルだからです。

上記の「とりあえず」という一言ですら、マネジメントという大きい岩を砂利に砕いた一粒の砂でしかないわけです。

持論ですが、信頼関係やマネジメントにおいて全て起因してくるのは

コミュニケーションです。

「伝える」という伝達能力

「聞く」という受容能力

 

問題が起こった。

部下が成功した。

新規のプロダクトチームが上手くローンチできた。

離職者を出した。

連携ミスが生じた。

 

100パーセントの確率でコミュニケーションが起因しています。

 

でも、こんなことはみんな分かっているんです。

じゃあ、何が難しいのかって

課題となったり、改善したり、知りたいことは

原因解明のスピード感

成功事例としての会社の潤沢な経験値

このあたりなんです。

では、この辺りをどのようにして改善しているのかを組織論でお伝えしようと思います。

 

 

ブログ一覧