感情的になるな。そんなんムリムリ〜

ブログ一覧

2015.07.27

IMG_2142

ご覧頂けたであろうか。この躍動感。

サングラスを掛けてツイストしているのが筆者である

ダンシングキレ男

こと部長でございます。

単なる弊社の恒例飲み会での様子です。

基本的に無茶ぶりに対しては全力を求める社風ですので、真の無礼講になっています。

まじめだけが業務じゃないし、こういう席で高めるエンゲージメントもあるでしょうしね。単に接点を増やすだけで多くのメリットが得られます。

ただし、私に対して無礼講をした者はもちろん

人事査定に反映しています

当然、全ての無礼を許容する発言は罠です。

スラムダンクのヒコイチばりに、要チェック。

年末に身震いしやがれ

NO. 6.PNG

 

にしむらヤギ男くんに対しての評判がすこぶる悪い。めっちゃ可愛いのに。

 

タイトルいきます。

自分では冷静に対処しているつもりでも、カーッとなる

感情的<論理的

基本的には世論は上の図式ですよね。

個人的には感情というものをないがしろにしすぎかなと

 

人とのコミュニケーションにおいても

マネージメントにおいても

交渉事においても

 

感情というものは切り離せません。

人には認められたいという承認欲求が必ずあります。

この承認欲求をコミュニケーションで相互に得られなければ

信頼関係

は必ず実りません。

それに相手の承認欲求を満たさなければ、自分の思惑は必ず実りません。

私の思う承認欲求の付与は、人が感情を露わにしたり、人が感情的になっている原因を話してくれたときです。

つまり

ヒアリング

褒めるとか、叱るとか、コッチからの投げかけではない

人と深い関係を構築したければ必ず感情に寄与しなければなりません。

だから、感情的になっているヒトにはもっと感情的になるよう伝えるべきです。

でもそれだけはただの仲良しこよしになるけどね

614958266_0068d9ee9e

重力の威力を思いしった結果のパラレル走法

 

ビジネスシーンにおいて、仲良しこよしになることほど危うい関係はありません。

友人とビジネスを行なうことはナンセンスです。危ない。キケン。

だって、なぁなぁな甘い関係に陥りがち。

だから、ないがしろにすんなと言えども感情だけのやり取りも禁止。

では、どういった構図が正解であるか。

基本的にビジネスにおいて自身の思惑を解とするのであれば

 

ヒアリング(感情的)+PR・提案(論理的)=思惑(契約・交渉)

 

そう

感情に対する答えは論理でしか導けない

「感情的になるな」

これの正しい理解は

 

感情的な事象には論理で対応する

感情的な事象の詳細は感情に寄与する

感情的な事象を引き出せなければ思惑は通らない

 

感情だけ、論理だけではなく

必ず両側面が必要なのです

ブログ一覧