営業?英語?資格? 私的にこれからのビジネスマンに必要じゃね?と思うチカラ

ブログ一覧

2015.05.25

gf01a201503300700

おひさしブリーフ。

クソ部長でございます。

最近、学生の成長が著しくて、業務にやりがいを実感しています。

今年に入って学生を安く扱えるし、インターン採用を始めよう!みたいな企業も増えています。

この考えが

全然センス無い

真っ当に学生インターンを実施している企業はほぼ

高コスト

という認識を持っています。弊社もサービスで実施していなければ、間違いなく雇うという見解にならないと実感しています。

もはや、就活において「インターン」自体が死後になりつつありますね。

「アイ〜ン」「三平です」のどちらに分類されるかはここ2年の就活市場で決まるでしょうね。

ただし、企業文化としてインターン採用を長期で運用している企業だけは社会に関係なく、「アイーン」くらい鉄板でウケます。つまり、包括的に上手く行く。

高コストなものを運用している訳ですからね。そりゃそうだ。

 

現状の内定率なども大手ナビサイト各社発表し始めましたが、大方の予想通り

非常に例年に比べ低い状況です。

これは選考フローが遅くなったことが最大の原因です。普通ですね。

一つ気になったのは、内定を受諾した学生の志望度合いです。

ほぼ、第1志望とし、就活を終えると解答したのが10人に1人

これを就活全人口で換算すると

5万人

に該当します。

 

この層の学生は、単純に優秀です。

っていうのも、新卒で入る会社なんかどこでだって良いからです。

3年目くらいまでやること一緒ですし。うん。

つまり、大多数よりも早くにスタートを切れた事実があるからです。

残りの膨大な時間を使ってスキルも磨ければ、経験も積める。

自分に合った企業かどうかみたいな論点をする人いますけど、結局風土なんて上司や事業部で変わるので、意味ないです。

全く意味ない。

だったら自分で環境作れるスキルを持つ方が断然早い。それをウチは実際に所属性達が実現してくれてるので、最高ですよって話です。はい。

8602670593_cbe0b55ee4_b

弊社には画像のように「希望のヒナ達」が各セクションで奮闘しています。

ピヨピヨ泣きながらも、もがいて、奮闘してくれています。

そこで、情報がクソ程ある現代において必要なビジネス力を私的に記載してみました。

①営業力

②プログラミングスキル

③使える教養

この3種の神器です。

理由はまた今後書いて行きますが、弊社の行動力養成プログラムはどれも最低でもどれか一つは含まれています。

つまり、弊社の行動力養成に参加するだけで

社会で生き残る術を掴めるのです。

誰でも可能なシンデレラプログラムとなっています。

すげえ自分で書いてて最高なんだけど、端から見たらウゼエんだろうなってことは私がこの世に誕生してから2秒で理解しています。神童でしたのでね。

では、その前に生き残るとか社会で活躍出来るとかってのはどんな価値観なんだよ!てめーはよお!と言われそうなので、この3種の神器の前にこの価値観や基準を書きたいなと。

gf01a201503250600

 

社会では信用性の比重が高い。結局の所、人と人です。

でも、そもそも信用できるのってなんだろう?って話です。

親ですか?友達ですか?恋人ですか?

ちげーだろって。

親は自分より早くこの世から去る可能性があります。

友達はコミュニティが変われば、進行が途絶えるケースがほとんど

恋人は理屈じゃない感情を楽しむし、なんか仕事の観点に持ち込みたくない

これが私の考え方です。

じゃあ、誰が信用出来る?

自分でしょ?

今でしょ?ばりにこれを流行らしたいのですけど、早くも社内では総シカトですよ。

つまり、環境やコミュニティに依存しない強い個こそが大事なんじゃねぇかって思います。

いわゆる、終身雇用神話崩壊みたいな考えの影響を受けてます。

でも、仕事ってのは社会と密接に関係している以上、

一人でやるなんてのは不可

なので、環境や周囲にいる人や最初に上げた人達には

信頼はする。

信用はしない。

信用は信じて疑わない事象

信頼は信じて頼りにする事象

 

つまり信じて疑うべきは、

人との繋がり

揺るがず、常に持ちうるべきなのは

自分で持ちうるスキル

と思ってます。じゃあ、今の世において信用される揺るぎないスキルは何かっていうと前述の三種の神器なんですよ。

では何故、今これらを信用すべきなのかってことを書いて行きます。

ブログ一覧