営業が嫌いな人はマンガも読んで、ゲームも絶対にやるべき理由!!

ブログ一覧

2015.04.17

2726864381_4ddf50170c

焼肉めちゃんこうまいやん。部長です。

最近お昼に680円の焼肉セットを週4で食べているのですが、これがまぁなかなかのコストパフォーマンスでして、そうまさに

ジャストミーーーーート

なんですね。

何が上手いって、やっす〜い肉の味なんですよ。油がうっすい。

良質な油だと翌日必ずと言っていい程、お腹を壊しますからね。

 

ちょ!誰が小栗旬やねん!

はい。そういう気持ちでブログ書いてます。

 

l201304041000

何がスゴイって、この濁流であくびしてるとこ

 

さて、タイトルです。

私は携帯ゲームも、マンガも、テレビも、ドラマも、アニメもなんでもとりあえず経験するなり、やってみることにしています。少女マンガすら読みます。

ビジネス上において、絶対いらん!っていう方も多く、バカにされることも度々あります。

私からしたら、未経験を批判する方が情けなくて、よっぽど愚かだなと思います。

というのも、コミュニケーションが苦手な方の一番の突破口は他人と共通の話題を持つということです。

共通の話題で最も幅が広いジャンルは

流行です

それもメディアが最も良いでしょう。

スポーツなんかは特に汎用性が高いのですが、老若男女に流行しているジャンルが良いと思います。ソーシャルゲームなんて時間の浪費なんて言われてます。

でも、町中では比較的ご年配の方も楽しんでおられるケースが多いので、ダウンロードして導入くらいはやるべきです。

どうせ無料ですし、課金したってそのイタさを話のネタに出来ますしね。

喋るのが下手とか、間が持たない方は情報のリテラシーが凝り固まってるケースが多いです。

商談でも固い話やアイスブレイクにもならない天候の話なんかしがちです。
天候の話なんて、何がおもしれえんだよ。

商談や営業の場合は、一歩商談スペースに足を踏み入れた瞬間から勝負です。
一言一句発するコトバに意味を持たせなければ意味がありません。

もうマンガで言えば、One piece辺りは知っておいて損はありません。それだけで会話の出来る人間の幅が万単位で変わってきますからね。知らなければとんでもない機会損失です。

子供じみたみたいなことを言う方もいらっしゃいますが、子供のマーケットなんてえげつないですからね

家族巻き込んで経済もたらすんですから、そりゃ儲かるわ

gf01a201503300000

インバウンド全盛において、営業マンみたいなアウトバウンドを武器にする連中がまだまだたくさん必要とされているのは、マーケットの拡大にある。

個人事業主で自分の手に収まる程度のビジネススキームや収入なら、絶対インバウンドを意識するべきです。

しかし、めちゃくちゃ狭いマーケットを相手に戦うことになります。

幅広いマーケットを手に入れるには、どこかで即時性に対応出来るフローが必要となります。それはなぜか?

エンドユーザーが描きたい未来は多種多様だから

多種多様な未来に対応するには、自分に多種多様さを身につけなければ対応出来ません。そりゃそうだ。

商談において、顧客の購買欲や投資欲を上げること、下げないことが大事です。

つまり、いかに「うん」と言わせる

可能性を上げられるか

これが商談の肝なのです

その最も可能性の上がるポイントはいかに顧客の懐に入り込めるかってところです。

その最も簡単なやり方が共通の話題です。

だから、一見無駄に見えそうなことでもやる。騙されたと思ってやる。

これくらいの気概が無いと、苦手からは脱却出来ませんよ

ブログ一覧