やっぱり質より量やと思うねん。焼肉は質やけど

ブログ一覧

2015.4.10

gf01a201503312300

どうも部長です。ええ肉食うたら翌日お腹壊します。

30,000PV

あざます!前回の記事のアクセス数です。
なるほど。みなさん

毒に満たされた文章LOVE

なんですね。どいつもこいつも本性出しやがって。気持ち良いぜ。

この間USJに4年ぶりくらいに行きました。

スパイダーマンご存知でしょうか。
私自体スパイダーマンはなんかマスクを中心に

「コスプレしたクモ男が戦う」

くらいの知識でした。

当日はあいにくの強風で室内アトラクションに人が流れ込みましてね。ええ。
クモ男乗り場も170分待ちでイライラしながら待ちました。

ウダウダ言いながら、待ちました。
まだ待って。待ってみて、待つ。待ってみよ。松。待つ待つ。待つしかない。待つんや。待ったで〜。

ってな具合で疲弊しながら3Dメガネを貰って、車に乗り込みGO!

ようやくクモ男に会える。どんな声なんだろうか。
どんな姿をして、どんなwelcomeメッセージをくれるのだろうか。

私は小学3年生の夏くらい期待に胸を寄せていました。

そして、アトラクションが進みついに!

ドンっ!!

キターー!クモ男!ワクワク!さぁねぎらいのコトバを俺にくれ!

「なんでココに来たんだ!?」

・・・・・・

170分待った第一声がそれ!?ウソやん

という複雑なデビュー戦でした。

やったね!

gf01a201503220800

写真は今年の恵方巻きです。黙って完食しました。

さてタイトルです。

やっぱり、物事のスタートや挑戦を始めるときは
考えるよりも行動です。

弊社でも仕事を指導する時に、一番最初が苦労します。
だいたいの学生さんはわからないことがわからない状態なのに悩む。

それを

「もう!とにかくやれよ!」

みたいに思いながらも、根気よく業務が一定のレベルに達するまで指導する
私は前職の経験から怒らないマネージメントを意識しているので、感情を死ぬ程押し殺します。
もう仏です。

悩んでも仕方の無いことで悩むのが若い人です

「どうやればいいかわかりません」
「上手く行きません」
「時間がありません」
「しんどいです」

だいたいみんな同じような発言をします。
そして、気付けば

「わからない」→「しんどい」

謎の変換が行なわれる

だいたい勤務し始めて2週間くらいで、その人の業務遂行センスがわかる

あんまりセンスが無い人ほど、相談内容が曖昧で主張が強い

「やってます。私は〜〜です」

特に仕事や成果は毎回言うように

他人が評価するもの

基本職場の人であろうと顧客であろうと、判断基準は他人に委ねられます。
そこを交渉して、評価基準ごとコントロールするのは不可能です。
人の心を操作するなんて無理ですからね。

だから、業務開始当初の生産的でない悩みは時間の無駄です。
「あ、そういうもんね」と流して次のアクションをした方が良いです。
説明書読んでからみたいなタイプは時代遅れです。

gf01a201502261100

効率とか、生産性とかはもっと後に求めるべきです。

それぞれを求めるには行動量も情報量も経験値も大量のリソースが必要です。
数値にして最低でも4桁くらいは持たないと話になりません。
それらを精査する段階で効率なんかは必要だと思います。

一見無駄な事をやる方が見えてきます。
これは私の個人的な意見です

もちろん弊社では最低限の知識や業務スキルの講義後に実務を行ないます。

しかし、最初から具体的なノウハウや進んだスキルは教えません。
人の性質や成長により、教えるべき知識、スキルは異なるからです。

自分で気付ける事の方がオリジナルなスキルに還元しやすい。
本来気付くべきステージに到達していなければ教える。
基本のスタンスは自ら気付き、築くイメージ。

単に頭に入れるのではアウトプットにはなりません。自分で体現し、評価を得る。
現代の情報洪水化において、ただのアウトプットでは評価は得られません。
本に載っている情報なんて出版される頃には化石です。

だったら、不変性にも気を配るべきです。

つまり、変わらないこと

自分に「こだわり」を持つ

現代はひとりのビジネスパーソンの匂いや雰囲気、アーティスト性が求められる時代です。
その人にしか出来ないスキルを身につけなければ、キャリアビジョンは開けません。

キャリアプロデュース事業ではその知識/スキル習得を自己判断力養成講座で行います。
これも個々に受講頂くカリキュラムは変えています。

全員が同じ訳がありません。

でも自分に「こだわり」を持つには土台が必要です。土台とは

「誰もが通る道や経験」

これに限ります。だから、新しいコトを始めたてのときの悩みは不毛なんです。

どんな人でも乗り越えてる

時間を悩みに当てるときは高いレベルの悩みに時間を使うべきです。

○○の誰々がこんなこと言っていました。こういうこと言っていました。

どうでもいい。他人はコントロールでけへんねん!

と私なら思って、怒鳴られようが怒られようがニヤニヤします。

なので、悩みとは高尚な悩みに時間を充てるべきです。

他人がどうこうは全部無視!

ブログ一覧