今日出来ることやのに、なんで明日やろうとするかな〜。ぜっんぜんわっからへんから、ちょっともう書きます。

ブログ一覧

2015.2.17

3279411071_ac5a7503f3

 

これ私なんです。

私です。ええ。お気づきの方もいらっしゃいますが。

ええ。そうです。

櫻井翔ばりのワイヤーアクションで、赤ちゃんをあやしております。

ミドリのバルーンファイター西村です。

出オチ感がすごい。もうプクプク感がすごい。

せば!

2542767294_1f36d5122b

いや、まあタイトル通りなんですけど。
凄く実感します。

大学生はもちろん、社会人でもそれを実感します。
私は前職のクセからか「今日やる事は今日終える」「明日野郎は馬鹿野郎」

とても月並みですが、普段から働く信条の1つとして意識します。
例えば、メールで送る添付資料も先延ばしにしません。
特別、営業戦略的に明日にのばすことはあるけど

これを人のペースなんだから〜的な解答がむちゃくちゃ嫌いです。
そのスタンスで働いている人はほぼ仕事できないイメージ
ぜ〜んぶ先延ばしで結局何もできてない

結局、セルフコントロールの類の話になるんですけど、若いときは
ほぼ何も出来ないし、何も分かってない。くらいが調度イイ

それでいて、萎縮したり、悲観したり、自虐的でない。これが一番良い状態ですよね。

めっちゃむずいやんけ。

自分で書いてるけど。

具体的には指示と出来ることは確実に実施する
アポイントで言えば、私は前日に必ず確認を入れる。御礼を添えて。
先方のダブルブッキングなんてのはザラにあります。

実際に行ってみて、あれ?今日やっけ?みたいな
リスクヘッジを図るなど、事前予防が大事

でも、こういうことは人ってめんどくさがりなので

「明日大丈夫?」
「あ〜。大丈夫っすね〜(めんどいしええか。)」

で、ダブルブッキングが発生。⇒上司に報告⇒馬鹿かお前⇒すんません⇒すんませんで済むか⇒なんとかします⇒もうええわ。俺出るわ。⇒あ〜。また説教されて時間延びる⇒怒られる⇒フォローで飲みに付いて行く⇒午前3時帰宅

無駄の嵐

まあ少し例としては古い時代のことですが、対応におけるバランス力を身につける。これに役立つのはまずセルフコントロールかなと。これはプライベートを犠牲にしろってわけじゃない。そうじゃない。

セルフコントロールを通じて、タイムマネージメントを全うする

よく言う、時間は作るモノ理論ですね。そう、あの、耳が痛いヤツね。

207435086_e1733f05ea

1番は自らのワークスタイルをきちんと模索すること。
企業も今や残業に関するコンプライアンスが厳しくて、長時間のワークスタイルが取れない。

それでも今まで以上の業績、成果を求められる。
でも、その責務を担うのは経営幹部でもなく株主でもなく社員です

でも社員は社員で経営陣は経営陣で。
両者お互いに何とかして欲しいと思ってる。

でもね。こういう時は社員が頑張る方がいい。何故か。
上がそういう姿勢を出しても下は動かないもんなんですよ。

こう言う時に救世主となるのは社員なんですよ。
やっぱり、そこを汲み取れるヤツってのは大成する。

今経営陣側に回って、始めて思いました。
私もイチ営業マンの時ってのは

「ふざけんなよ、てめえらの会社だろ」

くらいに思ってましたが、今の立場では凄くコトバ選びが慎重になる。

やっぱりね、強制では人は動かないんですよ。

だから、救世主が現れる環境作りを最も意識してる

コイツらを救ってやるかみたいな。世話になってるし。的な

だから、結局今日やる事をやってくれないのは

私の責任

というクソみたいなオチで閉めます。

明日からは、普通にまた新卒キャリアに戻ります。

ブログ一覧