悩んでる学生さんに熱いメッセージを書こうと思ったけど、書いてるうちに結局宣伝やんってなるやつ書いたよ。

ブログ一覧

2015.2.15

HIRA88_nihikisorottesc20140809134818500-thumb-1406x800-5901

先日、実家の駐車場の車の下でネコをみつけました。

画像とは違うくて、もっと細いやつです。
カントリーロードとかに出てきそうな「バロン」みたいなネコ。

おっ!と思ってですね、近付くやいなや

「鼻毛出てんぞ」

!?

明らかに前方から聞こえたので、僕は

「恩返しキター」思いましたよ。

でも、ロボットの様に「鼻毛、鼻毛」言うので

!?

ドラえもんよろしく壊れたのかと思いました。ネコだけにね。

ネコの後ろに何やら長方形の物体が置いてあり、アダムとイブでおなじみのリンゴのマークがあるわけです。

人生で最初で最後であろうコトバが出てしまいました。

オカンのiphone

即効で私も母より着信音を頂きました。

レスポンスが快適です。

せば!

MIYAKO85_yuyakehutari20140725500-thumb-1200x800-5150

 

前回でも書いたように学生さんの生活に切れ込んでいきます。

ちなみに私は毎日遊んでいました。こんな画像みたいな経験は皆無。泣きたい。ホントに。
というか眠らずにやりたいことだけやるっていう学生で、周囲に迷惑をかけることもしばしば。

授業なんか数える程しか出ないけど、教授方とは仲がいい。
とか勝手に思ってたタイプでした。

でもこんな私でも今の学生にモノ足らなさを感じています。

弊社を立ち上げて、年間で数百名の学生さんとお会いする中で特に疑問に思う瞬間があります。

「漠然」

私の時代や昔もいつの時代も存在したんでしょうけど、メチャクチャ多い。
私が社会に出て、若輩ながら諸先輩方の仰ることが少しずつ理解できて、セルフコントロールが身に付いて来たのもあるでしょうけど。

とにかく「意思」が見えない。コトバを発せない。別に友人達とはコミュニケーションを取れているので、とりわけ能力みたいなモノも低いとも思えない。

でも、とにかく「怒られたくない」「とにかく場をやり過ごす」「まだ模索中です」

この雰囲気が充満してる。釈然としない。

特にモラトリアムに甘んじる学生が多い。なんなんだコレ。
イライラは別にしないけど、なんでそんなに怖がってんのと。

あと、自己分析に頼るのも理解できない。

就活の相談にきた学生さんで

部「どういう業界や職種に興味があるのですか?」

学「いや、自己分析もまだでして。」

部「将来的な何か希望はありますか?」

学「それなりの生活ですかね。」

部「なるほど。じゃあ仕事やキャリアは頑張りたい感じですかね?」

学「いや、頑張るというよりかはある程度というか。公務員もいいなって」

部「そうですか。じゃあ公務員でもⅠ種Ⅱ種とありますが、」

学「はぁ。それも自己分析してからでないと」

「てめぇのことなんだから、てめぇでわかんだろ笑」

だいたい、それ相談のレベルじゃねぇぞ。とまで思うコトもあります。
当人には言いませんけどね。怒るの嫌いなんで。しんどいし。
だから私が怒るときは本気です。本気と書いてマジ。その人のこと真剣に想ってる。

この場合は、エネルギー使うのも勿体ないので「大丈夫」とか適当なコト言います。

OZPA_asyuraiine1500-thumb-695x500-3199

 

でも気持ちが分からなくない。
自分を変えたい、勝負したい、挑戦したい

その割に情報や選択肢が多すぎるんだよ。

ちょっと手を出しては引っ込めるみたいな。

結局、何も掴めず、分からず、見えず、困るみたいな。

悩むっていうより、困るが正しいかな。
悩むは自身の明確な回答を持った複数の道がないとダメだ。

前にも書いたけど、「やった」「経験した」の基準値を下げたらダメだ。

会議に参加した。
セミナーに参加した。
団体に所属した。
幹部になった。

これら全て

インプット

でしかない。これが許されるのは高校生まで。ってかインプットですらないね。

やっぱり大学生の基準値は「アウトプット」だと思う。

アウトプットは対象者や伝えたい相手に価値なり、利益なり、何かしらの

結果

が伝わって始めて成立する。

「やった」「経験した」と自負していい基準値は結果が出たものだけ。
そこに、自分でしか成し得なかったことだけがオリジナルの長所になる。

オトナの言う「何でも良いから、これだけは負けないモノをみつけろ」

これも本当にそうだと思う。
だって、それはソイツにしか持ち得ない、価値観・意見がある。

明確な意志がある

今の時代、モノやサービスに人間の「ビリーフ」
つまり、信念が無いと伝わらない。

だから、営業という仕事もなくならない。よくいう人で売るってやつです。

是非それを掴む為に弊社のキャリアプロデュース事業に参加してみて欲しい。
所属してる学生は悩みはするものの、困る状態の学生はいない。

みんな自分の考えや見解を持った上で悩んでる。ちゃんと悩む。

この状態になるには、なんでもいいから一つの社会的な仕事で結果を出すべきだ。

営業・企画・集客・ライティング・デザイン・プロモーション・人事

なんだっていい。それが、きっとキャリアビジョンを考える指針になるから。

待ってます。あなたのお問い合わせ。

お問い合わせ

 

ブログ一覧