自分の身は自分で守ろう!と思った瞬間

ブログ一覧

2015.1.29

397686035_7a15c20d58

今日は悲惨でした。あれ?これ来たか?的なね。

もうお腹が悲鳴を。もはや産声にも近いけど。イテテ。

こう言う時に限って、特急電車なんだな。満員だし。

必殺

ガス抜き

絶対無理。自分のガスが公害レベルなのは自覚してますからね。やったね!

でもワタシ知ってるんですよね。

波。

そう奴らには襲ってくるタイミングがあることを。

次の駅で降りた方が良いかなって考えだすと同時にピタっ

発車しまーすのアナウンスと同時に、オラオラ〜!って。
ちっちゃいフォーク持った奴らが暴れん坊将軍状態に。

その為にうずくまるもんだから、周りの人からみたら

「え?カメハメハ?」

的な反応を楽しむ余裕は無いんですよね。困ったちゃんですよ

3680331543_7653552f42

さて、今日は弊社の在籍生といて、「そうだよな〜」と思いだした経験。

営業先に提出する申請書類を書かせていたのですが、ハチャメチャになりそうで慎重に書かせている時にフラッと思い返していました。

この事務処理ってメンドクサイ。みんな思いますよね。仕事の報告書類でもそうだし、就活生の履歴書もチョチョイと修正液でやっちゃうみたいな。

これが、またクライアントや社内の上司とかだったら5回くらい神経を研ぎすまして確認。終わったら、脱力。ふー。特になにもしてないのに疲労感。

何いってんだ!あまったれが!

的な反応もあると思うけど、メンドクサイものはメンドクサイ。

学生時代なんかは、少し確認すれば良い物を「だいたいそうでしょ」的なノリでやっちゃうこともしばしば。

でも、過去にうそやんみたいなメンドクサスパイラルに陥ったことがありましてね。

例えば、封筒の書き方。

一般的な流れは、【送付先住所→会社名→役職・肩書き→お名前】なんですよね。

これを昔、肩書きと名前を逆にしたんですよ。そのまま調べずに送付。

◯取締役 山田太郎様

×山田太郎 取締役様

じゃあ、クライアントから電話が来まして

「こんな馬鹿なヤツとは契約せん。出直すか担当者を替えろと」

もう社内騒然ですよ。何やったんだお前!的な。

あれか?あそこの取締役禿げてるから、指差したんだろお前。

上司のジョークをシカトして、焦ったワタシは急いで確認したら、上記の封筒の宛名のマナーを追求されました。

これで利益何千万がパー。ワタシのボーナスもパー。イェイ!

694499591_154d6ad7ba

もしかしたら、そんなことくらいで!なんて思う人もいるかもしれませんが、所詮人ですからね。沸点なんか異なって当然なんですよ。

自分の物差しなんてちっちぇもん

と強く認識するようになりました。結局、自分で自分のクビを絞めてるんですよね。こうなったら上司も助け舟なんかくれないから、社内は知らんぷりグランプリですよ。あーつらい。

結局、業務における仕事量や働きやすさなんてのは、自分で作るしかない。環境が悪いのはそもそも、会社のせいなのか?仕事を振る上司が悪いのか。だいたい、思い返すと自分のせいですよね。

こう言う時に助けてくれる味方を作っていない自分も悪いしね。成果が出てれば、多めに見てくれる。
でも、若手の時なんてのはそこまで誇れる実績ないもんね。

それにこういうのは習慣でしかない。
一回サボると、人間は楽したいもんだから、楽な方へ逃げる

どっかで線引きして、面倒な事やる習慣をつけるべき。サボる分やっぱり全部自分に負担となって帰って来るもんね!

ブログ一覧