アウトプット(商談・プレゼン)が苦手な人はとりあえずやってみるしかない。

ブログ一覧

2015.1.27

3756889117_485e6a140b

 

こんばんわ。人材界の大江千里です。

知らない人はタワレコにでも行って、探してください。最高です。

音楽って、基本的に10代の学生に向けて発信されることが多い。マーケティングなんか見てれば明らかですよね。トライバルメディアハウスの高野さんの戦略なんかは、ほぼほぼ学生に向けてますよね。

THE NOVEMBERSのマーケ戦略はなるほどな〜!と思わせる秀逸のモノでしたしね。

音楽マーケの話はコチラ

特に日本の音楽産業は衰退してるし、文化的素養よりもビジネスしているものがウケますからね。
音楽で食べて行きたいアーティストは必見ですよ。

MS251_ryoutedehyougensuru500-thumb-807x500-2670

さて、今日は端的に言うと「人の前に立って、話すのが苦手」という人に向けて精神的な部分を書きます。間違っても自己啓発とかに頼るのはやめてください。ってことを書いてみます。

今までの人生を振り返って「立候補」した経験がありますかね?学級委員とか。

私もそうだったんですけど、大体の人が避ける傾向にありますよね。ってか、こういうのはだいたい1人とか2人とか、少数の枠ですしね。

だいたいこの学生時代の経験から、新卒のアウトプット能力が決まってくるんですよね。
というのも、元々話しが上手い人やプレゼンに長けている人なんていません。

つまり、アウトプットが優秀か否かは

経験量と練習量

に比例されます。

生まれてから、誰しもが未経験なことはいつまでたっても未熟。なんてことは誰もが分かることですよね。野球選手が声優の仕事を上手くこなせる訳が無い。

これに対していかに向き合えたか?ってのが重要になってきます。
つまり、一回やってみて

「ダメだった。恥ずかしい。死にたい。」

でやめちゃったかどうか。とか、人前がとにかくイヤだから、やったことない。

うん。悩み過ぎ。大丈夫。

そんなに人って前に出た人の粗探しをする人は早々いません。だって、そこのポジションに立つのがイヤだった人がほとんどなわけじゃないですか。つまり、その会自体にあんまり人って興味がないんですよ。

思い返して欲しいんですけど、「自己紹介しなさい」みたいな場面の時、自分が何を話すのか、どう話そうか。とか考えてるうちに自分の順番がきちゃう。なんとか終わったら、安心して、ぼーっとしてるか、あれ言わなきゃ良かったなとか、反省しません?

そう。他の人のなんて聞いてないんですよ

 

MAX88_shinzouwosasageru20141025133814500-thumb-1200x800-5765

人が避けること・ポジションはやるだけで評価される

これは前職のときの、上司にいわれました。立候補した以上に責任もある。ヘタクソだと少し揶揄もされる。でも、それ以上に最初に手を上げた人間ほど、希少に思われる。

とりあえずやるだけで評価されるならそんな楽な事は無いですよね。

今、この類の事で悩んでるなら、とにかく立候補すればいい。立候補すればするほど、場慣れし始めます。

すると、人間なのでその事象やポジションである自分の能力開発をし始めます。

こういう風に話せばいいのでは?このシートはこうしたほうが。とか。

だいたい、恐怖とか不安ってのは二つしかありません。

知ってるかor知らないか

後者なら、とにかく体験するしか無い。失敗しても、上手く出来なくても褒められるコトって世の中にごくわずかですよね。

一度飛び込んでしまえば、こっちのモノですから。一度手を挙げてみて下さい。

ブログ一覧